こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「歯を長持ちさせるためには」テーマに

予知性の高いセラミック形成について

お話させていただきます。

セラミックのクラウンを作製する場合、

支台歯形成において、クラウンマージンの

位置を歯肉縁上に設定するか、

歯肉縁下に設定するかを

選択する必要があります。

マージン?

縁上、縁下??

意味不明ですよね笑笑

すいません。

大事なキーワードなので

一つずつ説明していきますね。

☆マージン

歯質と修復物・補綴物の境界のこと。

☆歯肉縁上・縁下

歯と歯茎の境目(歯肉縁)より上を歯肉縁上、

下部分のことを歯肉縁下と言います。

歯肉縁下、いわゆる歯周ポケットのことです。

[歯肉縁上マージン]

歯肉縁上マージンを設定すると、

形成から装着までの過程において

歯周組織を損傷する危険性が少ないことは

最も重要な利点です。

すなわち、生物学的条件からみると

歯肉縁上マージンの利点は多く、

歯牙及び歯周組織を可及的に保存、

保護するという意味では理想的と言われています。

しかし、欠点もあります。

軸面の高さが短くなるため維持力、抵抗力の不足を招きやすい。

また、以前装着されていた被せ物の辺縁位置が

歯肉縁下にある場合には、縁上では処理することはできません。

まとめます。

<歯肉縁上マージンの長所>

①形成時に歯肉に触れることがないため、

 歯肉を傷つける危険性が少ない。
②歯肉との移行部が人工物でないため、

 自然な形で作製可能なため、清掃しやすい。
④型取り時にマージンが鮮明であるため、

 正確で精密な型取りができます。
⑤辺縁部を直視できるため、

 適合、形態のチェックがしやすい。

<歯肉縁上マージンの短所>
①被せ物と歯質マージン部の境界部において

 完全な色の統一性が難しいため、

 審美性にやや劣る可能性がある
②脱離に抵抗する維持力が弱い
③むし歯の進行具合が進んでいる(深い)と

 予想される場合には、不適応となる

[歯肉縁下マージン]

歯肉縁下マージンは、

オールセラミック修復においては

あまり推奨できません。

縁下マージンにせざるを得ないケースも

ありますが、歯肉縁下マージンの設定位置は

歯肉縁下0.5~0.8mm程度の深さで

歯肉溝内に置かれるのが原則となっています。
歯肉縁下マージンの欠点は、

適合性の確認や形成・型取りが

困難となります。

歯肉と人工物の接触により、

歯周組織へ為害作用を及ぼすことが

挙げられます。

 

一つ症例をご覧下さい。

右上4番のセラミッククラウンです。

根管充填が終わり、

ファイバーコアまで支台築造して

形成したものです。

右上4番の形成後ですね。

歯肉縁上マージンです。

歯肉を損傷することがないため

歯肉からの出血もありません。

マージンきれいに見えますね。

♪───O(≧∇≦)O────♪

光学印象もしやすく、

被せ物を作製するにあたり再現性が高いため

精密な被せ物ができます!

拡大画像です。

やはり、セット時においても歯肉からの出血なども

ないため、接着という観点からも良好に

処置ができるというのが最大のメリット

であると感じております。

どうでしょうか?

意外と審美的にも問題ない

仕上がりになっていると思います。

オクルーザルベニアと呼ばれる

マージンの位置がもう少し歯冠部寄りの

場合は、患者様の元々の歯牙の色によっては

やや目立つ可能性もありますが、

ほとんどの患者様から色の指摘を大きく

受けたことはないと記憶しています。

黄色線がマージンの位置です。

いい仕上がりですね。

自分で言うのも何ですが、

goodです( ´∀`)

良い仕事しました笑笑

 

まとめです。

予知性が高い治療とは、、、

診査・診断には十分な時間をかけ、

高品質な治療を行なうこと。

そして、長期的な観点から患者様にとって

より良い治療とは何であろうか?

最善の結果に少しでも近づけるために、

医療者側である私たち歯科医は

『科学的根拠に基づく、予知性の高い治療を施す』という

認識が必要であると感じております。

さぁ、今日も1日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科