歯を残すためのセカンドオピニオン

他院で抜歯と言われた方へ

他院で抜歯と言われた方へ

根っこの病気として抜歯を行わなければならないものには

  • 根管にヒビが入ってしまっている
  • 根管に穴が空いてしまっている
  • 根尖病巣が大きい場合
  • 虫歯によって歯が崩壊してしまっている場合

等があります。それぞれ程度によっては保存ができる場合もあります。
三鷹ハートフル歯科総合グループではラバーダムにより無菌的な処置を行い、マイクロスコープにより根管内を精密に診査し、CT撮影により3次元的に病巣を診断する事で、出来るだけ歯を保存できるように根管治療を行っております。

他院で抜歯と言われた方へ

歯を保存できるかどうかは、診断をしてみてからでないと分かりません。
抜歯と診断された方は、診断されるがまま抜歯をされずにセカンドオピニオンで当院をご利用ください。
多角的な角度から診断を行う事で歯を保存できる方法が見つかるかもしれません。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop