接着治療

破折歯の治療について

破折歯の治療について

破折した歯も初期段階であれば修復可能です。

一般的に破折した歯は抜歯の対象となります。
しかし、破折した歯も初期段階であれば最新の接着剤(スーパーボンド)で割れた部分を修復し、新しいグラスファイバーの支柱を建てる方法で治療することで修復できます。
また、破折に気づかず放置され割れた部分が分離してしまったような歯の根であっても「再植」という治療法を用いれば、割れた歯や欠けてしまった歯も以前と同じように使えるようになります。
但し、適応可能かどうかは担当ドクターによる術前の診断を行った上での判断となりますことをご理解いただけたらと思います。

破折歯の保存可能なひびについて

Craze Line(小さく浅いひび)

クレーズラインは、歯の表面だけに影響を与えるごく小さいひびです。
これらのひびは、成人の歯に極めて普通です。

Fractured Cusp(歯冠部の破折)

Fractured Cusp(歯冠部の破折)

咬む面の尖っている山の部分が薄く弱くなってしまった場合に、ひびが生じる事があります。
ひびの入った歯の山の部分が、神経に損傷を与えることは少ないでしょう。
そのため、根管治療が必要とされることも少ないと言えます。
通常のひびの入ったところまで、被せてあげることで修復可能となります。

Cracked Tooth(歯牙の一部のひび)

Cracked Tooth(歯牙の一部のひび)

このひびは、咬み合わせの不具合により、歯の表面から生じるものです。
この状態の場合、ひびの程度によっては、「咬むと痛い」・「冷たいものや温かいものにしみる」など神経の炎症に関わる症状を示す場合が多くなります。そのため、根管治療が必要とする場合もあります。
根管治療を行った後にひびの部分を修復し、保護するための完全に歯に被せるフルクラウンを使用して歯を復元します。
根管治療についてはこちら

接着治療の流れ

  • 1

    歯に破折が見られる。

    歯に破折が見られる。
    破折した歯根が口腔内で元に戻る事を確認。
    (このとき元に戻せない程、遊離していたり、粉々で戻せない場合は適応外)

  • 2

    破折片を保持しながら壁を作る。

    接着材が流れていかないように破折片を保持しながら壁を作る。

  • 3

    破折した部分に接着材(スーパーボンド)を流し込む。

    破折した部分に接着材(スーパーボンド)を流し込む。
    しっかり封鎖できているか、マイクロスコープで確認する。

  • 4

    歯根のひびに負担をかけない土台を建て、更なる破折を予防する。

    歯根のひびに負担をかけないグラスファイバーの土台を建て、更なる破折を予防する。

  • 5

    .歯根に負担をかけないセラミックの歯を入れるために形を整える。

    歯根に負担をかけないセラミックの歯を入れるために形を整える。

  • 6

    セラミックを入れた後の状態。

    セラミックを入れた後の状態。
    肉眼では、どこにひびが入っていたかは分かりません。

※再植を行った歯に関して予後をなるべく長くもたせる方法として推奨しています。
※歯科医師の判断で状況により保存ができないと話さなければならない場合もございます。一度歯科医師にご相談ください。

接着治療の費用・保証について

歯根にひびが入っている場合、保険の金属の土台や被せ物は歯に負担がかかりやすいためセラミック治療を推奨しております。

グラスファイバーの土台+セラミックの被せ物

150,000円(税別)【2年保証】

※2年以内に保存不可能で抜歯になった場合、その後の処置としてインプラント治療を行われる場合、インプラント費用から引かせていただきます。

※被せ物を入れてから5年以内に被せ物に破折や脱離があった場合、セラミックの5年保証が適応になります。

※破折歯を保存した結果、骨吸収が進みインプラント難易度が上がり、時間・費用がかかってしまうケースもありますのでご相談ください。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop