こんにちは。
ハートフル歯科のドクターM
本山です。

今回のテーマは、「パーフォレーション(偶発的穿孔)」です。

根管治療の痛みや腫れの原因の一つに偶発的穿孔があります。

根管とは異なる部分に誤って穴があいている状態のことです。

パーフォレーション=穿孔

穿孔部から細菌感染して、炎症を引き起こし根尖病変をつくることがあります。

偶発的穿孔が起こる原因としては、歯科治療中の誤った処置(歯を削る道具で偶発的にあいてしまった)や重度のむし歯、歯根の吸収などが挙げられます。

その治療法としてパーフォレーションリペアがあります。

拡大視野下で水酸化カルシウム製剤や患者同意を得てMTAを使うことで穿孔部を封鎖して治癒を促します。

MTAを使用したブログは他にもいくつか書いております。

よろしければ参考にして下さい。

症例です。

51才 女性

左下6番

遠心頬側根(DB)と遠心舌側根(DL)の間にパーフォレーションがありました。

根管ではないところに穴があいており、出血が確認できます。

止血可能であれば、MTA充填可能になります。
もし、止血困難であればMTA充填は見送りになります。

場合によっては抜歯を選択せざるを得ないケースもあることをご了承下さい。

この患者様の場合には、止血可能な状態を保つことができましたので、パーフォレーション部をMTAにて封鎖しました。

MTAは自費治療になります。そのため、被せ物はセラミック治療を行う予定です。

経過観察が非常に重要なケースであるため、引き続き経過観察を行っていきたいと思います。

最後に、MTAについて注意すべき追加事項を書いておきます。

MTAを使用する際、以下のような場合は注意が必要です。

穿孔部の面積が大きい場合は、MTAにおける封鎖が困難となります。
なぜならば、穿孔部があまりにも大きいと充填時に泥のようになり、強度に問題が生じる恐れがあるからです。穿孔部の面積が大きい場合は、滲出液や血液でMTAが流れてしまい、硬化不良により封鎖が不完全となります。

そのため、このような場合も保存困難と判断せざる得なくなり、抜歯適応となりますことを

ご了承下さい。

※繰り返しになりますが、MTA治療は保険適用外です。

“すべては患者様の笑顔のために”

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科