こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

感染根管における治療症例Part(4)です。

 

46才 女性

左下6番 感染根管治療

<主訴>

6年前ぐらいにセラミック治療した歯です。

最近になって、歯肉が腫れておできのようなプツンとした感じのものが現れ、そこから膿が出てきたそうです。

他院で応急処置として切開、排膿を行いましたが、

心配になり当院を再受診したそうです。

それでは早速診ていきましょう!

<現病歴>

左下6番根尖部不透過像(病変)あり

sinus tract(+)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

根尖病変の範囲が広範囲ですね。

近心根・遠心根とも両方に病変が確認できます。

黄色線で囲んだところが根尖病変です。

再根管治療が必要です。

左下6番のセラミッククラウンが入っている

根尖付近相当部の歯肉がプクッと腫れてますね。

黄色矢印のところがsinus tractです。

プローブで歯周ポケットの深さを確認してます。

破折が原因の場合は限局的に一部分だけ

ポケットが深くなる時があります。

この患者様の場合は、そのような所見は見当たりませんでした。

実際には破折の場合は冠を除去してマイクロスコープで

視認しなければ確認しづらいと言われております。

今回はここまでになります。次回は、また治療の続きを書いていきます。

お楽しみに(笑)

 

さぁ、今日も1日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科