こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

感染根管における治療症例Part(4)です。

 

46才 女性

左下6番 感染根管治療

<主訴>

6年前ぐらいにセラミック治療した歯です。

最近になって、歯肉が腫れておできのような

プツンとした感じのものが現れ、そこから

膿が出てきたそうです。

他院で応急処置として切開、排膿を行いましたが、

心配になり当院を再受診したそうです。

それでは早速診ていきましょう!

<現病歴>

左下6番根尖部不透過像(病変)あり

sinus tract(+)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

根尖病変の範囲が広範囲ですね。

近心根・遠心根とも両方に病変が確認できます。

黄色線で囲んだところが根尖病変です。

再根管治療が必要です。

左下6番のセラミッククラウンが入っている

根尖付近相当部の歯肉がプクッと腫れてますね。

黄色矢印のところがsinus tractです。

プローブで歯周ポケットの深さを確認してます。

破折が原因の場合は限局的に一部分だけ

ポケットが深くなる時があります。

この患者様の場合は、そのような所見は見当たりませんでした。

実際には破折の場合は冠を除去してマイクロスコープで

視認しなければ確認しづらいと言われております。

感染根管治療を開始しました。

セラミッククラウンを完全には除去せずに

隔壁として使用するために外壁はわざと残しました。

そして、ファイバーコアをある程度除去したところです。

まだ、透明のような土台の一部が残っていますね。

これもマイクロスコープがあると便利なんです。

ファイバーコアは色が白くて歯の色に近いため

なかなか境界部の判別が難しいのです。

金属製の土台は色がはっきりと異なるため

分かりやすいです。

そのため、わからないまま削っていくと

穴をあけてしまう危険性があります。

私はすぐに一旦手を止めて、

マイクロスコープを覗きながら境界部を

確認してあとは切削器具ではなく、

超音波を用いて除去を試みます。

4根管確認できます。

一つ、MB根管のみガッタパーチャの下、隙間から出血が

見えますね。

これがsinus tractをつくっている原因かもしれません。

拡大画像です。

その後、4根管のガッタパーチャの除去を行いました。

4根管全て根の先まで穿通しました。

初診時の腫れもすっかりなくなりましたね。

順調に治療が進んでいます。

根管の機械的拡大・清掃・消毒も終わりました。

炎症も落ち着いているため、出血も止まっています。

根管充填の準備に入っていきます。

以前の古いガッタパーチャもキレイに除去されています。

根管充填後です。

レントゲン上の根尖病変はなくなるまでには時間を要します。

感染根管の場合は1~4年と言われています。

被せ物を装着して上部の封鎖を行い、経過を確認していきます。

今後の定期的な経過観察が非常に重要ですね。

この患者様は次回、ファイバーコアによる支台築造を行い

セラミックの1Day Treatmentにより、

セラミックの被せ物を装着予定です。

お疲れ様でした。

さぁ、今日も1日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科