こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「冷たいものがしみて痛い」

抜髄における治療症例です。

23才 女性

左上5番 抜髄

<主訴>

左上奥から2~3つ目あたりの歯が

1週間前からしみるということで来院。

5年前に当院に通院されており、

お久しぶりの来院。

<現病歴>

・歯髄の診査

冷水痛(++ 持続痛10s)、温熱痛(+)、電気診(+)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

sinus tract(-)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):

Symptomatic irreversible pulpits
(症候性不可逆性歯髄炎)

・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

左上5番、奥から3番目に大きなむし歯がありますね。

隣在歯の左上4番にもむし歯があります。

また、左上7番の銀歯の中にもありますね。

左上5番は、むし歯が神経に近接してますから、

むし歯を追っかけていくと

神経の入り口に到達して神経治療が必要なことを

患者様に説明してから治療を開始しました。

<術前口腔内写真>

むし歯で穴があいてますね。

むし歯を除去していくと、

神経の入り口、根管口部が見えてきました。

神経には血管も含まれますから、出血しています。

プルッとした歯髄(神経)が見えますね。

神経を除去しました。

神経のプルプルがなくなり、

出血もなくなっています。

根管の長さを電気的根管長測定器(EMR)で確認して

根尖から-1mmした長さまでファイルという器具を

挿入して長さの最終確認をするために

レントゲン撮影を行います。

根尖まで器具が到達していることが確認できますね。

その長さに基づいてファイルの号数を上げていきます。

号数が上がることで根管が太くなります。

つまり、少しずつ根管が機械的に拡大されるため

清掃されていきます。

無事、根管の機械的拡大から清掃・消毒まで

終わりました。

痛みもなくなりました♪( ´▽`)

そこで根管充填を行いました。

キレイに根尖まで充填できましたね。

ここまで2回の治療で終えることができました。

 

この患者様は次回、ファイバーコアにて支台築造を行い

銀歯の型取りになります。

スムーズに治療が進行して、いい感じですね。

おっと〜!

根管治療はこれで終わりではないですからね!!

予後の経過観察がとても大事です。

口腔内の清掃、クリーニングも含めて

メインテナンスを行いましょう。

根管治療の経過観察は、

3ヶ月・6ヶ月ぐらいの間隔で

確認していきます。

よろしくお願い致します。

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科