こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

感染根管における治療症例Part(7)です。

 

24才 女性

左上4番 感染根管治療

<主訴>

他院で根管治療を行った?治療途中??

突然、抜歯の宣告を受けたそうです。

不安になって当院を受診。

「何か理由などは聞いていますか?」

患者様にお聞きしたところ、、、

「よく分からなかったです。」

こういう話、実は珍しくありません。

患者様に説明が十分でない可能性は

多分にあるのではと思ってしまいます。

患者様とのコミュニケーションは

とても大事ですよね。

私もできるだけ患者様に寄り添うように

心がけていますが、

ひとりよがりになっていないかと

思うこともあります。

相性などもありますから、

合う合わないといったことも

お互い人間なのであると思います。

担当医制ではない当院のメリットが

このような場合は生かされるわけです笑笑

ということで、少し話がそれましたが、、、

それでは早速診ていきましょう!

<現病歴>

痛みや腫れなどはそこまで感じないそうです。

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(±)、根尖部圧痛(±)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

患歯の左上4番は根管充填まで終わっているのかな?

<術前口腔内写真>

仮封材が見えます。

この画像ですと見えづらいですが、

歯肉の腫脹やsinus tractはありませんでした。

仮封材を外すと、むし歯でボソボソしていますね、、、

P根(口蓋根)のみ根管充填材が入っているのかな?

B根(頬側根)はどうしたのかな??

それにしても何か詰まっているのか、汚れているなぁ〜。

そんな感じを最初に受けました。

ちょっとB根の詰まっているところを取ってみよう!

取ってみると、B根が見えますが透けている感じで

歯質が薄い感じだなぁ〜、何か嫌な感じがしますね。

これが抜歯の理由なのかな??

初診時はここまでになりました。

患者様には現状の説明と次回以降の治療の説明を行いました。

次回は残っているむし歯を除去して隔壁を作成していきます。

隔壁を作成しました。

結構むし歯が広範囲にありましたが、

徹底的に除去しました。

ところで、隔壁はというと、、、

えっ?どこに??

下の画像をご覧下さい!

赤線で囲まれたところが隔壁です。

以前に充填されていた根管充填材を除去しました。

2根管の機械的拡大を進めました。

イスムス(根管と根管をつなぐ廊下みたいなところ)にも

汚れが見えましたので徹底的にキレイにしていきます。

ガッタパーチャ除去後のレントゲン写真です。

根尖の外にガッタパーチャが少し残っています。

3回目の根管治療になります。

今のところ、お痛みも腫れもないとのことでした。

根管治療の続きをしていきます。

マイクロエキスカなどを用いて、

根管の機械拡大・清掃、消毒が終了しました。

この患者様の場合は患歯の根管口より上部の

歯冠側の壁がむし歯で侵されている状態でした。

最終チェックを行い、徹底的に軟化している感染象牙質が

残っていないか確認して、まだ残っているところは除去しました。

いよいよ根管充填です!

根管充填後です。

最終的なお薬が入りました。

この患者様は次回、ファイバーコアにて

支台築造してセラミック治療を行う

予定です。

抜歯と言われましたが、、、

残すことができて良かったです♪( ´▽`)

お疲れ様でした。

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科