こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

感染根管における治療症例Part(1)です。

 

42才 女性

右上4番 感染根管治療

<主訴>

1週間前より右上4・5番の根尖部付近を

指で触れると痛みがある。

たまに違和感を感じることがある。

他院にて自費根管治療をすすめられたが、

費用面から保険内根管治療を希望。

<現病歴>

右上4・5番根尖部不透過像(病変)なし

sinus tract(-)

右上4番、破折ファイルらしきものを

レントゲン上にて確認

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

右上4・5番の再根管治療を行い、

1歯ずつ対応することにしました。

<術前口腔内写真>

インレーと呼ばれる詰め物の銀歯が

2歯とも入ってます。

歯肉におできのような腫れ、

sinus tractはなさそうですね。

<術前レントゲン写真>

右上4番は何かありますね。

嫌な予感がします。

右上5番は根尖部曲がっていますね。

2根管で根尖部閉鎖してそうですね、、、

赤丸印部分に破折器具のようなものが、、、

あやしいなぁ~

これはガッタパーチャを除去して

あとでマイクロスコープで確認する必要がありますね。

銀歯が被せ物ではなく、詰め物の形でした。

また土台から一体になっているタイプのため

意外と外すのに大変でした笑笑

当院では超音波チップを使用して

安全に除去するように努めております。

ガリガリに削って除去を試みると

不意に穴をあけてしまうパーフォレーションを

起こす恐れがあります。

慎重に繊細に仕事するべしなのです!!

根管口部で金属が残ってしまいましたので、

マイクロスコープを使用します。

根管口部付近などはマイクロスコープ下で

特に慎重に慎重に除去していきます。

無事に、金属部分の除去が終わりました。

First phase(第一段階)終了~!

 

内容がてんこ盛りなので、

この患者様の治療内容は回を分けて

お伝えしていきたいと思います。

今後の治療の続きは、

次回以降をお楽しみ下さい!

 

さぁ、今日も1日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科