こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「温度診」です。

歯の神経である歯髄診断は本当難しいですよねー。

神経の状態を正確に把握することは、

一つの診査だけでは不十分なんですよね、、、

なぜか?

①歯の神経は硬組織に囲まれた内部にあることから

直接的に反応を見ることができません。

硬組織を介した刺激で

反応を見なくてはならないため

そして、

②診断時は神経が炎症状態にあることが多いため

①と②が診断を難しくさせるというわけです。

 

温度診は歯髄の診査に行います。

温度診には冷温診と温熱診があります。

温度診とは歯に温度刺激を与え、

痛みの誘発状態から歯髄の異常や

歯髄炎の進行状態を調べる診査法です。

正常な歯髄では、温度刺激を加えても

痛みが生じにくいと言われています。

もし、痛みが生じたとしても

刺激を除去した段階で痛みは消失します。

逆に歯髄が炎症を起こしている場合は

冷刺激に鋭敏となっているため、

痛みが誘発されるだけでなく、

刺激を除去した後も持続するのが特徴です。

持続的な痛みが歯髄の炎症のキーワードです。

さらに急性化して悪化すると、

温刺激で痛みが増悪し、

末期には逆に冷刺激によって

痛みが緩和するという特徴が認められます。

 

冷温診としては、

日本でよく使われているものとして

パルパー(GC)が挙げられます。

パルパーはプロパンとブタンの混合ガスで

3cm離すと-30℃になり、エチルクロライドと

同じ温度になるそうです。

使用方法はパルパーのスプレーを吹き付けて

氷状となった砲弾型のスポンジを歯冠部に当てて

痛みを感じるかどうかを患者様に確認します。

欧米ではEndo-Iceと呼ばれるものを

用いて診査するそうです。

温度は-25℃ぐらいとのこと。

歯髄の炎症が起きている不可逆性歯髄炎の場合、

冷水による痛みの閾値が下がっているため、

いきなりこの診査を行うと

患者様に激痛を与えてしまう恐れがあるため

まず最初にEPT(電気診)、次に温熱診を

行うようにした方が良いと教わりました。

もちろん、各診査を行う前に事前にどのような

反応が起こるのかを十分に説明してから

対応させていただきます^_^

 

温熱診は濡れた小さな綿角の上から

ヒートプラガーを当てて、

熱して歯に当てて痛みを感じるかを確認します。

 

冷温診と温熱診は感度と特異度にバラツキがあり、

これら2つの診査とEPTを組み合わせると

精度が高くなります。

つまり、診断精度を上げるには

EPTやCold Testが必要になります。

全く臨床症状がなくても、

EPTやCold Testに反応しないケースもあります。

EPTやCold Testを行うことで、

症状のない歯髄壊死の見逃しを

防ぐことができるというわけです。

 

最後に繰り返しになりますが、、、

診査・診断、ほんと大事ですよね!

ブログを書きながら自分自身改めて

考えさせられました。

整合性のある診査・診断を心がけて、、、

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科