こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「歯髄診査」です。

歯髄=神経のことを指します。

まず最初に、

患者様の気になるところからお話します。

歯髄を保存できるかどうかを

どのようにして判断するのか??

実は歯髄を保存できるかを診断するためには

本当のところは、歯髄の血流をみて

判断しなければいけないと言われています。

どういうことかと言いますと、

歯髄に血流があれば保存可能です。

反対に血流がなければ保存不可能です。

しかし、現実はそんなに簡単にいかないのです。

現状では歯髄の血流をみる検査法が高価なため、

臨床の現場で行うことは難しいのです

(。´Д⊂) ウワァァァン!!

えっ?どうすればいいの??

答えは、、、

いくつかの診査を行い、神経の反応をみて

総合的に診断します。

それによって、神経の反応から歯髄が

保存できると診断された場合、

生活歯髄療法を行います。

歯髄が保存できないと診断された場合、

根管治療が適応となります。

診査に入る前に、まずはここから…

問診(痛みの既往など)と口腔内所見

①自発痛の有無を確認します。

②視診

むし歯やクラック(歯のひび)、

詰め物や被せ物の適合状態などを確認します。

レントゲン所見

根管数や根管の形状、

根尖部病変の大きさなどを確認します。

 

次に歯の診査へ移ります。

診査は大きく分けて2つになります。

歯髄の診査と根尖部歯周組織の診査です。

今後、各項目をそれぞれ時間かけて

説明していく予定です。

順番は私の気の向くままに…笑笑

(1)歯髄の診査

①電気的歯髄診(EPT)

②冷温診(Cold)

③温熱診(Hot)

(2)根尖部歯周組織の診査

①打診(Percussion)

②触診(Palpation)

③プロービング

 

今回のまとめです。

初診の患者様には、診査を行い「診断」をします。

そして、診断名をつけます。

しかし、「症状」と「診査結果」が不一致することがあります。

つまり、矛盾が生じることがあります。

神経治療を行うことは、その歯の命を断つことになります。

常に、慎重に行っております。

「症状」と「診査結果」の整合性がとれない場合は、

時間をおいてからもう一度、症状の確認と診査を行います。

そして、診断名がついて初めて治療計画を立てます。

この一連の流れをもって、初めて治療開始となります。

何でもかんでも神経治療は行いません。

しかし、神経治療をしないと痛みがとれないこともあります。

放置はダメです。

正しい診査、診断から患者様の歯を救う

=将来に渡って自分の歯で食事ができるように!

歯を抜かずにすむように!

そういう診査・診断・治療計画を立てていきたいと

常々思っています。

次回、症例を挙げて説明していきます。

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科