こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

今回は前回からのブログの続きです。

症例です。

33才 男性

左下6番

<主訴>

他院にて1年間、根管治療中。

痛みと腫れを繰り返し、仮封すると痛みがでるため

仮封せずに開放状態。

症状の改善が見られないため、当院を受診。

<現病歴>

左下6番近心根に根尖部透過像あり

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)、

打診(+)、根尖部圧痛(+)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously initiated therapy
(根管治療開始歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

術前です。

根管開放の状態で来院されました。

初診時、痛みは多少落ち着いているとのことでしたが

歯肉の腫れが少しありました。

黄色丸部分に根尖病変を認めます。

根管の清掃・消毒を行い、

初診時に見られた根尖部からの炎症性の出血もなくなりました。

根管充填の準備ができました。

根管充填後です。

痛みも腫れもなく、根管内の清掃・消毒も終わり、

無事根管充填しました。

治療回数は4回でした。

今後は経過観察となります。

お疲れ様でした( ´∀`)

 

最後に、、、

「なぜ、ラバーダムをするのか?」

原点ですね。

根管内に細菌が侵入すると感染して炎症反応が起こります。

炎症反応は体の防御機構として細菌と白血球の戦いが局所で

起こります。

その結果、白血球の死骸である膿が局所で溜まります。

これが根尖病変になります。

((;゜Д゜)ガクガクブルブル

 

根管治療の意義は根管内に細菌を侵入させない。

細菌の侵入を防ぐということです。

ラバーダムは必須です!!

そして、被せ物も同様です。

適合の良い、接着力の高い被せ物を装着することにより

歯の中に細菌の侵入が起こるのを防ぐということなのです。

だから、根管だけキレイにしてもダメなのです。

被せ物まで、上部構造までしっかりやらないと!

せっかくきちんと基礎工事=根管治療をしても

かぶせ物が銀歯ですと、自分の歯と違ってすり減ることがないので、

年月が経って天然歯がすり減ると相対的に銀歯が高くなり、

根っこの破折に導かれることがあります。

昨今、歯根破折で来院する方が増えています。

歯を救うためには、根管治療だけでなく、被せ物にも注目して

欲しいものです。

 

セラミック治療をご案内しているのは、そのためです。

逆も然りです、、、

被せ物が良くても、根管内が汚ければ

家で例えるならば、欠陥住宅と同じです。

「自分が受けたい治療」

「自分の家族に受けさせたい医療」

より良い根管治療を!!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科