こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「根管治療における診断名」です。

タイトルから教科書的なカタ〜イ感じがしますよね。

患者様向けの情報発信のブログですが、

内容的にテーマが人気薄な感じなので

患者様受けはよくないことは重々承知しております。

でも、私が個人的に書きたい内容なので

ゴリ押しさせていただきます、、、

「こんなことを考えて診療しているんだ」

そんな風に思っていただければ幸いです。

すいません((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 

本題に入ります。

治療には一連の流れがあります。

何度かブログで書いていますが、

診査・診断の重要性は今さら言うまでもありません。

治療を行う場合に、

診査・診断→治療計画→治療

この過程を経て治療がスタートします。

診査を行い、診断を下す時に

私たちはその病気に適切な診断名をつける必要があります。

診断名には、

「臨床診断名」と「病理診断名」があります。

これ、中身は字のとおりです。

次に下記の分類をご覧下さい。

学生時代に教わった診断名です。

当時、あまりよく考えずに覚えていた記憶があります笑笑

これは病理組織像を元にした病理診断名の分類になります。

そのため、臨床において治療方針と診断名が

なかなか直結しにくいところがあり、

臨床診断名としては使いにくいと言わざるを得ません。

例えば、私が常々思うことで

過去に根管治療がされており、

被せ物をやり直す過程で再根管治療を行うケースです。

臨床症状がなく、レントゲンに根尖病変もない。

つまり、炎症所見もないのに、、、

診断名をどうするのか?

慢性根尖性歯周炎??

臨床的に適切な診断名が見当たらない。

困ったなぁ〜

大丈夫なんです、ちゃんとあるんです。

最近はAAE(米国歯内療法学会)の診断名を使います!

AAEの診断名分類が臨床診断名として有用であると、

以前に藤本研修会の歯内療法コースで教えていただきました。

この分類は一つの歯に対して二つの診断名をつけます。

①歯髄の状態を表す診断名(Pulpal)

②根尖歯周組織の状態を表す診断名(Apical)

先程のケースであれば、

歯髄の状態としてはPreviously treated(既根管治療歯)、

根尖歯周組織の状態としてはNormal apical tissues(正常根尖歯周組織)

治療方針としては、

「被せ物を入れる前処置としての根管治療」ということで

診断名と治療方針の整合性がとれる形になりますね。

 

診断は治療を行う上で非常に重要であることは

繰り返しブログでお伝えしております。

当たり前かもしれませんが、

診査・診断して、その病気に診断名をつけること。

診査と診断に整合性がとれていること。

根拠に基づいて治療方針を決定する。

一つ一つの積み重ねの上にしか

より良い治療はないんですよね。

知識と技術の融合を持って

患者様一人一人と向き合う。

その気持ちをいつまでも忘れずに♪( ´▽`)

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科