こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「こんなお薬飲んでませんか?」と題しまして、

血液サラサラの薬を飲んでいる場合について書いていきたいと思います。

 

「血液サラサラの薬」として知られる抗血栓薬は、

血栓ができて血管が詰まることによって起こる脳梗塞、

心筋梗塞などを防ぐため血液をサラサラにする優れた効能があります。

しかし、歯科における抜歯などの外科処置をする場合には血が止まりにくく、

治療時には注意が必要です。薬の服用を止めれば固まりやすい血に戻りますが、

そのために血栓ができて発作が起きたら命が危険になってしまいます。

抗凝固療法(ワーファリン)を受けている患者様の場合は、現在血液検査でINR値という血液の凝固値が3.0以下であれば止血処置をしっかり行うことで服用を継続しながら抜歯することがガイドラインに示されています。また、抗血小板薬(アスピリンなど)を服用中の患者様の場合も止血処置を行うことで薬を止めずに抜歯が可能と言われております。

まず、私たちが最初にお願いしたいことは「かかりつけの医科の主治医の先生を教えて下さい!」と言うことです。抗血栓薬を休薬せず、安全に抜歯ができるように歯科医師と持病のかかりつけの主治医が連携をとって歯科治療を行なっていきます。ワーファリンによりINR(血液凝固値)が高い場合やその他の抗血栓薬の用量が多く、抜歯困難の場合には歯科医師から医師に相談して患者様の体調に問題がない範囲で投薬のコントロールをお願いすることがあります。安全に抜歯を行うための準備がとても大切です。また、診断の結果として歯科医院での抜歯が困難と判断される場合は、総合病院や大学病院の口腔外科など入院施設のあるところをご紹介することもあります。

ご了承お願い致します。 

常用されている薬によって、歯科治療時に注意が必要なものがあります。

そのような場合に正しい知識と対応がとても大切になります。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科