こんにちは

ハートフル総合歯科グループの野田裕亮と申します。

 

今回はYoutubeにリンクして「歯牙レプリカ」についてお話します。

 

歯牙移植における「歯牙レプリカ」は移植歯と同じサイズのレプリカを3Dプリンターで製作し、

移植時に使用します。

 

ではどのように作るのか・・・。

 

歯牙移植を行う際、移植ドナー歯のサイズ、そしてそれを入れる受容床の骨幅・深さを調べ、

移植可能か診断するためにC T撮影により3次元的に診断を行います。

(詳しくは以前ブログ参照https://heartful-konkan.com/blog/dr_noda/13138

 

そのCT画像から専用のソフトを使い移植ドナー歯の分だけ切り取りを行います。

当院ではI T K―S N A Pというセグメンテーションソフトを用いて、C T画像からのセグメント

(切り抜き)を行なっております。

 

 

そうして切り抜きを行なったデータを編集し、3Dプリンターで出力を行い、

歯牙レプリカを作っております。

 

 

作り方についてはYoutubeに載せていますので、ご興味のある方はぜひご覧ください!!

 

ではその歯牙レプリカですがどのように使用するかをお話します

 

従来の歯牙移植と比較してみましょう。

まずは従来の歯牙移植です。スライドをご覧ください。

【従来法】

 

従来の歯牙移植は保存不可能歯とともに一番先に親知らず(移植歯)を抜歯します。

ドリルで受容床の骨を切削しながら、抜いた移植歯を当てがい、しっかり入る穴が形成できたら

移植をします。その後固定期間を経て、根管治療・被せ物治療へと進みます。

 

それではレプリカ法についてもご覧ください。

【レプリカ法】

 

レプリカ法は受容床の形成をすべてレプリカで行います。そのため、親知らず(移植歯)を抜く

タイミングは一番最後でいい。移植後は従来法変わらず、根管治療・被せ物治療へと進めます。

 

今回は動画でご紹介しましたが、次回従来法とレプリカ法の比較について

お話させていただきます。

 

今回お話した内容はYoutubeでも詳しくU Pしております。

ご興味のある方はぜひご覧ください!

 

医療法人社団徹心会ハートフル歯科