こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

49才 女性

右上6番 感染根管治療

<主訴>

右上6番において、歯肉におできのようなものができて

腫れたということで来院されました。

他院にて1ヶ月前に根管充填まで終えて、

セラミックの被せ物を装着したが、2~3日前に歯肉の腫れを感じて

当院を受診。

<現病歴>

sinus tract(+)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(3mm)

<診断名>

・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前口腔内写真>

右上6番において、sinus tract(膿の袋)を確認しました。

痛みはさほどないそうです。

<術前レントゲン写真>

3根管ですね。

根管充填はしっかりと入っているような気がします。

sinus tractにガッタパーチャを挿入して、原因根の特定を行いました。

指し示したところは、MB根(近心頬側根)でした。

他の根管には異常なレントゲン像がなかったため、

診療方針としては、

今回はMB根管のみ根管治療することにしました。

セラミッククラウンを外さずにファイバーコアを除去して

根管治療することにしました。

外して治療でも構わないのですが、装着されているセラミッククラウンを利用すれば

ラバーダムがすぐにかけられ、根管治療が始められます。

既に他院で最近の治療歯でしたので、そのまま外さずに治療を進めることにしました。

セラミッククラウンを咬合面から根管口まで削っていきます。

途中で土台のファイバーコアと口蓋根に入っているポストが見えてきます。

口蓋根はこのポストを追いかけていくと口蓋根に充填されている

ガッタパーチャが出てくるはずです。

この段階で切削器具でむやみに削っていくと、パーフォレーション(偶発的穿孔)を起こす

恐れがあるため、超音波器具を使用してコア部分を除去していきます。

コア材料は削ると白い繊維状のものと黒い削片が出てきます。

その辺は歯質と違うため、分かりやすいところもありますが

やはり色が歯と同じ白い色であるため、金属製のメタルコアの方が区別はつきやすいです。

ここから地味な作業になります。

土台のコア材料が深くまで充填されていると、正直しんどいです。

超音波器具の切削能力はそこまで備わっていないからです、、、

 

今回はここまでになります。

治療内容が濃いため、序盤で初回のブログを終えさせていただきたいと思います。

続きは次回以降のブログで!

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科