こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

秋になり、少しずつ肌寒くなってきましたね。

今回は、これからの寒い季節にだんだんと

現れてくる「象牙質知覚過敏症」について

書いてみたいと思います。

 

メンテナンスの患者様のチェックをしていと、、、

たまにこのようなことを言われます。

「冷たいものを飲むと、

歯がキーンとしみたりするんですよ~」

歯ブラシの毛先が当たると、

ひどい時には激しい痛みが走るなんてことも、、、

歯磨きやうがい、冷たい飲食物、冷たい空気など

また甘いものや酸っぱいものでも

歯がしみるような症状を

感じたことはありませんか?

しばらくすると痛みも落ち着いて、

元の状態に戻ったりすることもありますよね。

患者様のお口の中を確認してみると、、、

むし歯になっている感じではありません。

それなのに、しみる場合は

「象牙質知覚過敏症」を疑う必要があります。

 

象牙質知覚過敏症とは、、、

神経が生きている歯(生活歯)において、

刺激が象牙質に過剰に伝わることにより

起こる知覚の異常亢進と言われています。

エナメル質に覆われている象牙質が露出した

結果として、症状が起こります。

[原因]

・歯ぎしりやくいしばりなどの強い咬合力により、

歯の根元部分のエナメル質が剥がれてしまった。

・過度な歯磨きによって歯肉が下がり、

象牙質が剥き出しの状態になってしまった。

・加齢により徐々に歯肉が下がり、

象牙質が剥き出しの状態になってしまった。

[対処法]

・やわらかい歯ブラシを使用して、

歯を磨く力を弱くする。

・知覚過敏用の歯磨き粉を使用する。

・歯ぎしり防止用にナイトガードの装着を行う。

[治療法]

症状が軽度の場合は、しみる箇所にお薬を塗って

様子を見ていきます。

症状が重度で歯肉退縮が見られる場合や

象牙質が深くすり減ってしまっている場合は、

レジンと呼ばれる白いプラスチックを詰める治療を行います。

これらの処置を行うことである程度の症状は

改善されます。

しかし、それでも症状の改善が見られない場合や

痛みがひどくなる場合は、

神経除去治療(抜髄)を行います。

 

ここまでは、象牙質知覚過敏症のお話です。

しみる原因は、、、

象牙質知覚過敏症だけではありません。

もちろん、むし歯という当たり前の答えも

あります。

しかし、むし歯が見当たらないのに

しみることもあるというお話を

次回以降のブログで書いていきたいと思います。

乞うご期待ということで、、、

よろしくお願い致します。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科