こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

根管治療の予後、経過確認までの一連の状態を

レントゲン記録として説明していきたいと思います。

42才 女性

<主訴>

2〜3日前よりズキズキする痛みを感じ始め、

冷たい物、温かい物を食べたときの痛みあり

<現病歴>左下7番近心隣接面コンポジットレジン部

(赤丸部分)に神経の入り口付近までのむし歯あり

冷水痛(++ 持続痛あり)、温熱痛(+)、電気診(+)、

打診(+)、根尖部圧痛(+)

<診断名>

・歯髄の状態(Pulpal):

Symptomatic irreversible pulpitis

(症候性不可逆性歯髄炎)

・根尖歯周組織の状態(Apical):

Symptomatic apical periodontitis

(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>

根管治療

黄色い矢印部分は神経の入り口になります。

赤丸部分のむし歯が神経の入り口まで到達して

そこから細菌感染を起こし炎症の原因になっていることが分かります。

さらにレントゲンより、隣接している左下6番の近心根根尖部に黒い影も確認できます。

これは症状はありませんが、根尖病変ですね。

患者様に問診してみると、むかーしに覚えていないぐらいに神経治療したそうです。

疲れてくるとたまにうずくことがあるとのこと。

左下7番の治療終了後、こちらの歯の再根管治療も行うことを

患者様に説明して同意を得ました。

 

神経を抜く場合、まずは虫歯を削り歯髄(神経)を露出させます。

歯髄が出てきたら、「ファイル」と呼ばれる器具で除去していきます。

ファイルは、針の先端がヤスリ状になった道具です。
上下に動かす「ファイリング」という動作で、

根の中にある神経を掻き出すことができます。

そして、根の長さ(根の先までの長さ)を測ります。

根管にファイルを入れて、根の長さの確認を行います。

3根管あることが確認できます。

根の長さを測り、そこから適切なサイズに拡大していきます。

拡大操作を「機械的拡大」と言います。

根のお部屋、つまり根管を先程のファイルを用いて
ヤスリの要領で掃除していきます。

 

根管は曲がっています。
しかし、拡大していく過程で直線化していきます。
結果、根の長さは、短くなっていきます。

だから、自費の根管治療では、特にレントゲン撮影の回数は、増えていきます。
何枚もレントゲンを取りながら、ステップごとに確認します。
過度に拡大したり、器具を歯牙の外側に突出しないように何度も確認しながら
治療は、進みます。

何度もレントゲンを撮ることはが保険治療ではできません。
見えにくい根管では、レントゲンによる確認作業は、必須事項となります。
その分時間がかかります。
根管治療中に唾液の侵入を防ぎながら治療を進める特別な診療室も
そのために用意しております。

そういう部分も自費治療では、必要とされています。

根管充填後です。

3根管にしっかりと根管充填材が入りました。

根管充填までに治療回数4回、1週間ごとの来院で終えることができました。

治療回数がかかるのは、機械的な拡大に時間がかかるのと、
化学的な清掃(消毒)にも時間がかかるからです。

理想的には、初日に根尖まで開けて、「フレアアップ」=予期せぬ治療中の痛み
が起こらないように何回かに分けて治療を行う必要があります。

歯を救うために(36)治療後の痛み-フレアアップ-

一気に進めると、フレアアップ=予期せぬ痛みが発生やすいものです。

3ヶ月後です。

術後の経過期間としては、根管充填後より3ヶ月後と6ヶ月後に行います。

被せ物は銀歯を選択されました。

痛みや腫れもなく、経過良好でした。

6ヶ月後

経過良好

隣接歯の左下6番の再根管治療も終了しております。

 

いかがでしたでしょうか?

根管治療の予後確認までのイメージができましたでしょうか??

これから治療を受ける患者様のお役に立てれば何よりです(≧▽≦)

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科