こんにちは。
いつもありがとうございます。

ハートフル総合歯科グループの歯科医師 井上貴史です。

今回はなるべく歯を残すために、歯の根の治療(根管治療、歯内療法)について書きたいと思います。ハートフル総合歯科グループのHPにもありますように、根管治療をするためにはラバーダム(ゴムのマスク)をすることが重要です。ラバーダムを装着することで根管治療部位が明示でき、唾液などが入ることが少なく、より乾燥した状態で根管治療ができます。また、器具の誤嚥防止などにも有効です。ラバーダムを歯に装着するには歯の頭の部分(歯冠部)の歯質が少ないと装着できません。そこで、歯冠部がむし歯などで欠損している場合に隔壁というコンポジットレシン(合成樹脂)を使用して歯冠部を補強してラバーダムを装着します。
根管治療の成功率の向上に必要な条件は、
1.清潔な器具を使う
2.ラバーダムなどで唾液の侵入を防止する。
3.根管内を機械的に清掃する。化学的に消毒する。
4.緊密に根管充填する。
この4点のうち今回は、ラバーダムで唾液、細菌の侵入を防ぐ部分にフォーカスして解説します。
患者さんには、口腔内写真の使用についてはよく説明し同意を得て使用しております。

むし歯を取り除き健康な白い歯質が見えてきました。歯冠部が歯肉よりも低い位置まで無くなっています。そこでプラスチックで補強しました。

その後に歯面を処理(歯にコンポジットレジンが接着しやすくするために)して隔壁をコンポジットレシンにて作成しました。ラバーダムを装着して根管治療を行いました。


ラバーダム装着後に根管治療を始めます。ラバーができない症例もあります。その場合はラバーダム以外の器具を代用して根管治療を行っている場合もあります。
歯の根の入り口(根管口)を明示して根管を機械的拡大、洗浄してキレイにしていきます。隔壁が作れなかったり、隔壁を作っても歯と接着できず脱離してしまったり、ラバーダムが装着できない歯の場合などは保存が難しい場合もあります。
ご不明な点は担当の歯科医師にご相談ください。

今後ともよろしくお願いします。

井上貴史

医療法人社団徹心会ハートフル歯科