こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

根管治療終了後にもかかわらず、、、

痛みが続いている場合の原因について

今回は考えていきたいと思います。

通法に従って根管治療を行い、初診時より

自覚症状も落ち着き、根管内の清掃・消毒まで

終えると根管充填へと進めていきますよね。

それにもかかわらず、痛みが続くということには

いくつかの原因があると考えられます。

①見落とされた根管の存在

②破折の見落とし

③根尖孔外の問題

④非歯原性歯痛の疑い

 

①について、

見落とされた未処置の根管があれば、

根管に残髄状態になりますから、

そこを除去しなければ炎症のコントロールは

困難となるでしょう。

解剖学的な観点から当たり前にある根管数と

思い込み治療を行うと、歯によってはいくらかの

割合で別にもう一つ根管がある歯もあると

言われています。

②について、

破折線の深度に関しては、根尖付近や

曲がっている根管の場合などは発見することは

なかなか難しいと私個人の体感からも思います。

CTを活用することで確認の精度を上げることが

できると考えられます。

③について、

元々、根尖孔外に大きな根尖病変があり、

根管の内部からのアプローチだけでは

細菌感染のコントロールが困難です。

また、根管治療中において除去中に

細菌によって汚染されているガッタパーチャを

根尖孔外から押し出してしまった場合や、

根管充填時にオーバー根充となり、

物理的刺激を慢性的に与えてしまうような状況が

作られてしまった場合などは、継続的に痛みが続く

原因となるでしょう。

外科的根管治療で対応できる場合は

根尖孔外感染の第一選択と考えてよいと思います。

④について、

今までに挙げたようなことに該当しない場合は

非歯原性歯痛を疑い、適切な処置を行える

専門性の高い大学病院を紹介しています。

 

根管充填後の痛みを鑑別することで

適切な対応ができれば、痛みの消失や軽減に

つながることができます。

全てがうまくいくとは限りませんが、

今の自分にできる範囲で治療に全力で

取り組むように心がけております。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科