こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、前回に引き続き

根管治療あるある質問シリーズです。

患者様と問診しながら、お話を聞いていると

このような話をよく耳にすることがあります。

「神経を取るために歯を大きく削られた…」

このことは患者様にとって、

「こんなに削られるとは…」と言った

御自身が想像していることよりも

想定外のことであるために、

このようなお話になると

容易に想像できるのではないでしょうか?

歯の治療はイメージしやすいものと

イメージしにくいものがありますから、

よく噛み砕いて説明する必要があります。

私は患者様に説明しながら、お顔や頷きなどを

確認するようにしています。

「ご理解できているかな?」

「分かりづらいかな??」

そのため、

最後に必ず何かご不明な点はありますかと

聞くようにしています。

もちろん、予約制のため時間にも

限りがありますから

長時間というわけにはいかないことは

御了承下さい。

 

それでは本題に入ります!

むし歯で穴があいています。

歯がたくさん残っていますが、、、

むし歯を除去していくと、神経の入り口に到達してしまいました。

やはり最低限このぐらいの切削は必要になります。

歯の神経除去を行う場合に歯を

大きく削ることには、

きちんとした理由があります。

それを今から説明していきますね。

歯内療法処置(根管治療)を行う場合、

まず最初に髄室に正確に

アプローチすべきことは必須条件となります。

従って、髄室開拡(access opening)は

歯内療法処置の第一歩であり、

これをいかに効率的かつ正確に行うかは、

その後の根管治療の成否が決まると言っ ても

過言ではないと考えられます。

神経の入り口である根管口は

文字通り根管の入り口であるため

歯牙の上部、つまり浅いところにはありません。

ある程度の深さの場所にあります。

歯の中にある神経にアクセスするため、

そこまでの切削は最低限必要になると

いうわけです。

 

次の大きく削る理由として、

歯に入っている詰め物やむし歯を

全てしっかりと除去するためです。

詰め物を除去して、小さく穴を開けて

治療することもできないことではありませんが、

歯の神経に感染を起こした原因となる

むし歯を全て除去することは

必要不可欠と言えます。

そのために、大きく歯を削る必要が出てきます。

歯を大きく削ることだけを見れば

悪いイメージでしかありませんが、

削るための理由が明確であり

感染源を取り除くことがその歯を治すために

必要な処置であれば、治療を受ける患者様も

受け入れることのできる治療となります。

 

当院では、極力初診時において患者様に

神経治療になるようなケースは

レントゲンやマイクロスコープによる

画像の記録をお見せして、

除去しなければいけない理由などを

踏まえて説明しております。

さらに術中は動画を撮影し、

治療終了後に必要があれば

納得いただいけるように説明を

徹底しております。

※診察室の関係上、全ての治療において

必ずしも動画撮影を行なっているわけでは

ないことを御了承下さい。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

 

医療法人社団徹心会ハートフル歯科