こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「瘻孔(sinus tract)」です。

瘻孔とは、歯肉にプクっとできた

おできの様なふくらみであり、

膿の袋もしくは膿の出口になります。

今回のテーマは、

瘻孔の診断には細心の注意が必要ですよ…

といったお話です。

もし、瘻孔のある部位と原因歯が違ったら

どうでしょう、、、

怖いですねー。

なぜならば、治療しなければならない歯を

間違えているわけですから、治療しても

治りません。

最悪、誤った診断のために健全歯に対して

不必要な根管治療を行ってしまう

危険性を秘めているわけです。

あっ、脅かしているわけではありませんので

ご安心下さい。

間違えないために適切な診査を行い、

診断して患歯を特定していますから笑笑

目をギラギラさせて歯を診ています!

 

症例です。

46才 男性

左上5・6番

<主訴>

左上6番を他院にて根管治療中。

歯肉のおできの様なふくらみが

治療してもなかなか消えず、

改善が見られないため当院を受診。

痛みなし。

<術前口腔内写真>

左上6番が根管治療途中のため、仮封状態です。

隣在歯の左上5番は口蓋側(内側)に位置してますね。

銀歯の入っている歯です。

左上6番根尖付近(黄色矢印)の歯肉に

プクっとしたおできの様なふくらみが

確認できますね。

これが、瘻孔(sinus tract)です。

<術前レントゲン写真>

左上6番は根管治療途中であり、

3根管確認できます。

しかし、3根管に対して根尖に

病変のような不透過像らしきものは

ハッキリと確認はできず。

但し、左上6番の根管治療途中ということ、

sinus tractが位置的に根尖付近にあるということで

先入観から左上6番の根管治療を開始しました。

これ、今思えば一番ダメなやつなんですよね。

2回程、根管治療を行い

根尖まで3根管全て穿通しました。

でも、消えないんですよ。

sinus tractが、、、

見落としているMB2(近心頬側第2根管)の

根管があるのかと思い、必死でマイクロスコープを

覗いて探しましたが、、、ありませんでした(泣)

子どもが大好きな名探偵コナンに

お願いするしかないのか…

そんな現実逃避を一瞬しながら、

ふと我に返ります。

もしかしたら、

最初のスタートが間違っているのでは!!

原因歯は左上6番ではなく、別の歯の可能性も

否定できないのでは、、、

よし、もう一度最初からやり直してみよう!

原病巣を確認するために

レントゲン写真を追加して

撮影することにしました。

すなわち、ガッ タパーチャポイントを

瘻孔内に挿入したままで

レントゲン写真の撮影を行いました。

すると、どうでしょう!

な、な、なんとー!!

ガッタパーチャポイントは隣在歯の左上5番を

指しているではないですかー!

キター♪───O(≧∇≦)O────♪

どういうことだろう??

もう一度、左上5番のレントゲン写真を

確認してみましょう!

おお、よーく見返してみると

左上5番の銀歯の下に

神経近接しているむし歯が

あるではないですか、、

この後、左上5番の根管治療を

開始したところ、例のものが消失しました♪( ´▽`)

ただ、残念なことに患者様はお仕事の都合で

転勤となりまして、今後の治療継続困難と

なりましたが、大変喜んでいただきまして

私からは治療経過を含めて説明を行い、

治療継続を転勤先の他院へお願いするように

お伝えしました。

 

まとめです。

今回の症例は、

適切な治療を開始したにもかかわらず

瘻孔の閉鎖が起こらないものでした。

そして、それは不完全な術前診査による

誤った診断が原因であり、

そのため、予期せぬ部位へ開口した

瘻孔に対しての処置が遅れてしまいました。

ここまで長文になってしまい、

失礼致します。

考察と見解を次の②のブログに書きたいと

思いますので、ご興味のある方は是非

参考までによろしくお願い致します。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科