こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「根管洗浄(Dr.Plus)」について

書きたいと思います。

入門編の“Bacterial reduction”が終わり

根管洗浄液の種類について

保険内根管治療で使用するDr.Plus、

自費根管治療で使用するNaClO +EDTA

それぞれについて回を分けて書いていきます。

今回は、その第2回となります。

テーマは、

「Dr.Plus」です!

ハートフル歯科では、現在Dr.Plusという

電解機能水を用いて、保険内の根管治療の場合

根管内の洗浄・消毒を行っております。

歯周病治療などにおけるポケット内

イリゲーションにも大いに効果を発揮しております。

歯周病治療に用いているものは、500ppmです。

電解して製造するのですが、比較的に化学的に安定した状態のものを使用しています。(=日持ちします。開封しなければ、1年間)

当院での歯周病治療を受けた方は

ご存知かと思います。

 

電解機能水は短時間での殺菌作用ですが、

生体に対しての安全性が高いという最大のメリットがあります。

しかし、有機質存在下では殺菌効果が激減するので注意が必要と言われております。

そのため、電解機能水の場合は十分な機械的拡大により有機質除去を行い、

その後電解機能水を使用することが望ましいと言われております。

 

根管治療用のDrPlusは、900ppmに濃度を上げることで、

より殺菌力をあげております。

しかし、化学的に不安定なために診療室で、

製造して数日以内に全てを消費するようにしています。

(自然分解して塩水に戻ってしまいます。)

900ppmの濃度のものは、一般販売はしておりません。

 

私が個人的に思うDr.Plusの最大のメリットは

安全性に尽きるのではないかと考えています。

口腔内のうがいからも分かるように、

口腔内粘膜に触れても

何もトラブルが起きないのです。

これ、すごいことですよね♪( ´θ`)

操作性の観点から使用しやすく

かつ殺菌性能も備えている優れものです。

普段診療前に使用しているDrPlusは、100ppmに希釈しています。
多くの方の診療前うがいに使用することで、
口腔内の細菌感染による疾病が問題であるという意識を持ってもらいたいという意味と
実際に口腔内の雑菌を除菌することで飛沫感染の予防に寄与していると思っています。
飛沫感染といえば、昨今のコロナウィルスの飛沫感染を心配されている方もいらっしゃると思います。 診療前に除菌することで、口腔内のウィルスにも効果的です。口腔ケアとして、診療前のうがいだけでなく、外出後の『手洗い、うがい』は、むし歯予防、歯周病予防、ウィルス対策にも効果的です。
また、患者さんの治療が終わるごとに、ユニットをドクタープラスで拭いて殺菌に努めています。
出先でもうがいがしやすいように、携帯用Dr.Plusケースを販売予定しております。準備が出来次第販売を開始します。手に化粧水のようにふりかけ手に擦り込むようにすると手の消毒にもなります。
まだまだ、コロナショックは、終わっていません。Dr.Plusを効率的にウィルス予防にも使っていただきたいです。

 

症例です。

37才 男性

左上5番、7番

<主訴>

左上7番において、過去に治療を行った歯に

痛みがあり、他院にて神経治療が必要と言われ

当院を受診。

また、左上5番において他院にて根管治療を行い

根管充填まで終了している。

噛むと痛みがある。

このまま、被せ物の治療をして大丈夫か

診てほしいとのこと。

<現病歴>

[左上7番]

冷水痛(++持続痛あり)、温熱痛(+)、電気診(+)、

打診(+)、根尖部圧痛(+)

[左上5番]

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)、

打診(+)、根尖部圧痛(+)

<診断名>

[左上7番]

・歯髄の状態(Pulpal):
Symptomatic irreversible pulpitis
(症候性不可逆性歯髄炎)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

[左上5番]

・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>

[左上7番]  根管治療

[左上5番] 根管治療

術前です。

左上5番の根管充填材は微妙な感じがしますが、、、

実際に根管を確認する必要がありますね。

左上7番において、レントゲン画像を確認すると

銀歯の下に神経近くまで補強材料が

充填されていることが分かります。(黄色丸枠)

神経の入り口(赤矢印)までの距離が近いですね、、、

このような過去にむし歯治療を行ったが、

むし歯が深かったケースは、治療後しばらくしてから

痛みがでる場合があります。

左上7番根管充填後です。

根管をDr.Plusでしっかりと洗浄することで

2回目ぐらいには炎症もおさまり、症状も落ち着いてました。

ところで、

根尖、曲がってますね笑笑

うーん、頑張ろう!

痛みもなくなっていましたので、

4回目には根管充填しました。

曲がっている根尖部まで、何とかうまく根管充填できました。

左上5番根管充填後です。

案の定、仮封(仮のフタ)を外して以前の根管充填剤を確認すると

過不足が認められたため、再根管治療を行いました。

もちろん、ここでもDr.Plusは活躍してくれます。

 

Dr.Plusに関しては、

下田先生がブログにてコロナウィルスのことも含めて

書いてくれてます。

こちらの記事も読んでいただけると幸いです。↓ ↓

コロナウィルスの致死率

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

 

医療法人社団徹心会ハートフル歯科