こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回はいつもの根管治療ブログではなくて、、、

根管治療後の被せ物について書きたいと思います。

根管治療後の被せ物については、

前歯の場合は特に患者様とよく話し合ってから

処置を行います。

今回の症例は、、、

右上1・2番のセラミック治療になります。

<術前>

右上1・2番のセラミック治療予定です。

右上2番は仮歯ですね。

右上1番は、神経が生きている生活歯です。

この歯は患者様がセラミック治療を

希望されました。

右上2番は、神経治療がされている失活歯です。

<形成後>

形成はいろいろな角度から見ていきます。

歯軸、対合歯とのクリアランスなどを

確認しながら、セラミックの厚みを確保します。

当院の場合は、技工士がコンピューター上で

確認してくれます。

また、歯の色においても

実際に患者様の口腔内を見て、

患者様と話して打ち合わせしていきます。

<セット前>

ラバーダムなどを使用して、

防湿下のなかで接着操作を行います。

唾液のコントロールは、接着において

非常に重要になります。

<術後>

右上1・2番にセラミックの歯が

キレイに装着されました。

 

前歯部は審美的要素が非常に強くて

とても難しい部位であると思います。

現在の患者様の口腔内に

いかに調和したものを装着できるか…

そんなことを考えながら、

技工士と患者様と打ち合わせして

より良いものを提供できるように

努めています。

根管治療が終了したら、

ハイ終わりというわけにはいきません。

噛むという機能面の回復は当然として

部位によっては審美的回復も行う

必要があるからです。

そこまで終えて、一つの処置は終了となります。

根管治療を終えて、

セラミック治療を希望される患者様は

以前に比べて増えたように感じます。

歯に対する意識がとても高くなったと

思います。

私たちもその意識の高さに応えるべく

日々の研鑽と患者様への説明をしっかりと

行うように徹底していきたいと思います。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科