こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「銀歯をセラミックに変えたい、、、そんな時は」

セラミックの治療症例になります。

File number(2)です。

今日はこのような患者さんでした。

52才 女性

左下6番 銀歯をセラミックに変えたい

<術前口腔内写真>

銀歯が3本入ってますね。

この銀歯は患者様と既にお話済みで

順番に変えていく予定です!

この患者様は実は口腔内の全ての銀歯を

あることをきっかけに銀歯をセラミックに

変えたいと思われたそうです。

それは、歯の痛みです。

えっ、どういうこと?

最初に当院を受診したきっかけは

他院で様子を見ましょうと言われた

歯が痛くなり、結果として左上2番の

前歯の神経が壊死して化膿してしまい

その強烈な痛みが原因だったのです。

痛みがピーク状態で炎症も強かったため、

なかなか麻酔が効かず、麻酔を追加した時には

悲鳴とともに涙を流されていたのを覚えています。

もちろん、その歯は当日治療を行い

次回時には痛みもなくなり、感謝のお言葉を

いただきました。

そこから、歯をきちんと治すことを

意識したそうです。

実はこの段階でこの歯を含めて

残り3本まできているのです。

左上、右上、右下は終わってます。

すごいですよね(^○^)

 

本日は、左下6番のセラミック治療を行います。

銀歯を除去したところです。

セメントが溶解して、汚れてますね。

除去時にすぐ外れました。

形成後です。

遠心頬側咬頭付近はむし歯もあり、

歯質が薄くなるため、咬頭部分を落として

セラミックで覆う形を選択しました。

左下6番セラミックアンレー形成後の撮影画面です。

対合歯です。

赤丸部分の咬頭が要注意です。

次の上下の噛み合わせ画面をご覧下さい!

上下の噛み合わせでドッキングしています。

上下の噛み合わせを技工士と確認してみますと

左下6番咬合面中央部で対合歯が

噛みこんでいます。

この画面、実は私が技工室で

デザインした画面です。

普段はデザインしません笑笑

ところで、見て下さい!

舌側面から見ると、

先程の対合歯の左上6番の近心口蓋側咬頭が

左下6番咬合面中央部にて噛みこんでます。

もう一度、対合歯の画面に戻ります。

左上6番の近心口蓋側咬頭(赤丸部分)が

噛みこんでいる部分です。

患者様に説明してセット後の咬合調整で

赤丸部分の削合を行うことにしました。

セラミックのデザイン後です。

ミリング(セラミックの削り出し)を開始します。

左下6番にセラミックアンレーをセットしました。

咬合調整は対合歯にて調整しました。

咬合面中央部におけるセラミックの厚みが薄くなるため

技工士の指示を受けてそのように対応しました。

キレイに装着できました。

良かったです♪( ´▽`)

 

最後に、

私たちから患者様へお願いがあります。

即日治療と言っても、予約はとってくださいね!

受付で予約をとるか、お電話でお願い致します。

ネット予約はセラミック治療の予約に

対応していませんので、注意して下さい。

セラミック治療の予約は、通常治療とは異なります。

治療の枠が2枠必要になります。

即日治療ですから、詰め物・被せ物をセットする時間まで

必要になります。

1枠、30分程度の時間になります。

但し、治療内容によっては30分以上

時間がかかるものもあります。

この場合は、担当ドクターの指示があると思います。

あくまで通常の治療内容のお話に

今回はとどめておきます。

imp 30分

形成(歯を削る)・光学印象(口腔内カメラによる型取り)

間 30分 セラミックの制作→患者様は待機になります>

※制作時間の待ち時間にクリーニングをオススメしています。

set 30分

セラミックの詰め物・被せ物をセット

[予約表の参考例]

※e-maxセラミックは窯で焼成するため、

間を1時間とさせていただいております。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科