こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回のテーマは、、、

「マイクロ用インスツルメントを用いた3次元的根管内治療」です。

精密な治療を行う際には、医療器具による恩恵を最大限に活かしていくことが

スムーズな治療を行う一番の近道であることはお分かりいただけると思います。

近年、歯科治療にマイクロスコープの導入が進み、それらに対応した医療器具が求められています。

根管治療は感染源を除去して、無菌化することが基本的原則です。

しかし、GP(ガッタパーチャ)の除去やフィン・イスムス・側枝・アンダーカット、

さらにはパーフォレーション(偶発的穿孔)や根尖孔外などの感染源除去は、

従来の器具だけでは難しい部分があります。

これらのことは、実際の臨床において感じることが多いです。

今回のブログに登場する「O・Kマイクロエキスカ」は、

3次元的な根管内の感染源などを明視野下で除去可能とするインスツルメントになっております。

私はブログを通して、できるだけ患者様に私たちが実際に治療を行う際に、

治療についての目的や説明、手技などを分かりやすくお伝えできるように心がけております。

また、どのようなことを考えて治療しているのか、

どのような器具を用いているのかなどについても言及していくつもりです。

下図は、主なマイクロエキスカの用途になります。

<マイクロエキスカの利点>

・サイズが小さいため、顕微鏡下で刃部を見ながら根管内の軟化した歯質,汚染物質の除去が可能である・

・刃部の向きが左右、上下とあるため、根管壁の凹凸に沿って根管壁の清掃が可能である。

・様々な根管内に対応できる豊富なバリエーションがある。

 

※ブレードの幅・角度により、リングカラーで色分けされています。

また、リング上にブレードの向きの位置がマーキングしてあります。

 

 

実際に使用してみて感じることは、3次元的な根管内の感染源除去に非常に適しているということです。

根管治療の精度もさらに上がりました。

感染源を徹底的に除去することは、根管治療の予後にも大いにつながります!

医療の発展とともに医療用器具の開発もこれからますます行われていくことでしょう。

そのようなものに常にアンテナを張りながら、

患者様により良い治療を提供していくことができれば幸いです。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科