こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は前回のブログからの続きになります。→

https://heartful-konkan.com/blog/dr_motoyama/17234

・噛んだ時に染みるような痛みや違和感がある

患者様によく説明することがありますが、

通常根管治療が終わっても

3ヶ月程度様子を見て下さいと

お話することがあります。

適切に根管治療が行われても、

治療後に噛んだ時の違和感などが

残る場合もあるからです。

根管治療の場合、落ち着くまでに時間が

かかることがあります。

治療に問題がなければ、

3ヶ月程度で症状は緩解してきますから、

しっかりと経過観察していきましょう!

しかし、根管治療に不備があった場合は、

症状が変わらず残る可能性があります。

その場合は、原因を確認して再根管治療を

行うことがあります。

また、歯ぎしりなどにより、症状を感じている場合もあります。

その場合は、歯ぎしりを防止するナイトガードの

作製をすすめております。

 

・たまにじわりとした染みる痛みや違和感がある

適切な根管治療を行なったが、

治療による改善が認められないことがあります。

根の先の炎症が治癒に向かってない場合に

このような症状が続くことがあります。

この場合、患者様の訴える症状をよく確認して、

その症状が徐々に軽快しているのであれば

治癒傾向にあるため、経過観察を行います。

変わらず症状が続く場合は、再根管治療あるいは

外科的根管治療の適応、もしくは悪化している場合は抜歯も考えなければいけない可能性もあります。

 

このように患者様の口腔内に起きている状態は

様々です。

何か必ず原因があるはずです。

もちろん、中には診断不明なものもあります。

歯からくるものではない非歯原性疼痛と

呼ばれるものです。

その場合は、大学病院などの専門機関に

ご紹介させていただいております。

大事なことは患者様への十分な説明のために、

その症状の原因が解明して

治療可能なものであるのか、

そうでないのかを診断してお伝えする

義務があると考えております。

ハートフル歯科には初診患者様、

再診患者様含めて毎日沢山の患者様が

来院されます。

その一人一人にできる限り寄り添った治療や

説明を行うように、

スタッフ一同心がけております。

何かご不明な点があれば、時間の許す限り

お答えしております。

但し、当院の診療は予約制のために

場合によっては、その全てに一度に

お答えすることはできないこともありますことを

ご理解いただければ助かります。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科