こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

46才 女性

左上6番 感染根管治療

<主訴>

左上6番、1ヶ月前から膿のようなものが

出ている。

他院にて根管治療の必要を伝えられたが、

しばらくして膿が出なくなったため、

様子を見ていた。

ところが、最近になって再び膿が出てきたため、

治療をするべく来院されました。

<現病歴>

sinus tract(+)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前口腔内写真>

左上6番根尖側歯肉にsinus tract(膿の袋)を

確認しました。

咬合面から見たところです。

ゴールドインレーが入っていますね。

<術前レントゲン写真>

3根管確認できます。

近心頬側根(MB)付近に根尖病変が

見えますね…

膿の袋にガッタパーチャを挿入して

患歯と原因根管の特定を行います。

ガッタパーチャは、、、

やはり左上6番MB根管に

向かっていくのが確認できます。

ゴールドインレー、レジンコア(土台)を

除去すると、ガッタパーチャが見えてきました。

ガッタパーチャの除去を開始すると、

感染していると思われるガッタパーチャが

ボロボロと出てきました。

細菌特有の腐敗したような臭いもしました。

除去時には毎回します、、、

だいぶ除去できました!

感染根管治療の場合は、このガッタパーチャのような感染物を除去する

地味な作業の繰り返しになります。

でも、いつも頭の中で思うことはこれらの根管をキレイにすることで

早く患者様の歯が治ってくれれば、それで十分なのです。

だから、「先生、ありがとうございました。」と言われると

頑張って良かったなぁーと心の底から思えます。

それでは、今回はこのあたりで終了とさせていただきます。

次回に続きます!

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科