こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

39才 男性

左下7番 感染根管治療

<主訴>

数年前に神経治療を行い、被せ物まで装着して問題なく

過ごしていたが、数日前より噛んだ時の痛みがあり

激痛に変わり、他院にて被せ物を除去して根管治療を

開始した。噛み合わせの関係より歯根破折の疑いがあると

言われてマイクロスコープの設備がある当院を調べて

来院されました。

<現病歴>

根管が開放されている状態。

遠心根のガッタパーチャの除去はされておらず、

近心根のみ除去されている。

sinus tract(-)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

根尖部病変のある近心根のガッタパーチャのみ除去されています。

遠心根はさほど問題なさそうですが、ここも再治療を行う予定です。

<術前口腔内写真>

他院にてオープン、根管開放の状態にしてもらったそうで

近心根には食片が詰まってしまっています、、、

適切に応急処置をしていただいていますが、このオープンな状態が

長期間に渡る場合は好ましくありません。

感染拡大してしまいますからね。

それでは早速、遠心根のガッタパーチャも除去して、

根管治療を開始していきます。

遠心根のガッタパーチャを全て除去しました。

1回目の治療はここまでになります。

2回目以降は、根尖病変のある近心根の根管清掃・消毒を行います。

近心根は2根管あります。

頑張るぞー!!

何だかんだで、、、

近心根の清掃を頑張った結果、根管充填まで無事終了しました。

 

この患者様は次回、e-maxセラミックの被せ物を希望されました。

根管治療が終わった歯は引き続き経過観察を行います。

お疲れ様でした。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科