こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

44才 女性

左下6番 感染根管治療

<主訴>

左下6番、2~3日前から膿のようなものが出ている。

違和感のようなものを感じており、噛むと痛みがあるとのことで

来院されました。

<現病歴>

sinus tract(+)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前口腔内写真>

左下6番にプクッとした膿の袋、sinus tract(黄色矢印部分)が確認できます。

歯根破折ではないことを祈ります、、、

<術前レントゲン写真>

左下6番において、近心根が怪しい感じですね。

根尖部に透過像(黒い影)が確認できます。

sinus tractにガッタパーチャを挿入して

原因歯、原因根管をレントゲンにて特定します。

近心根付近にポイントが入っていますね。

早速、メタルボンドセラミッククラウンを除去してみますと、

汚れた金属製の土台、メタルコアが出てきました。

メタルコアを除去すると、残存歯質が見えてきました。

やはり、中も汚れていますね。

根管治療を開始します!

隔壁を作成して、ラバーダム防湿下にて根管治療を行いました。

根管内に充填してあったガッタパーチャもやはり汚れていますね。

ガッタパーチャを除去しながら、マイクロスコープにて

歯根破折の有無を確認していきます。

根管内の感染しているガッタパーチャを除去中です。

3根管ですね。

歯根破折のようなクラックも現段階で確認できませんでした。

歯牙の保存の方向で根管治療を継続していきます。

2回目の根管治療です。

sinus tractも消失しています。

徹底的に根管内を清掃・消毒しました。

術中のレントゲン写真です。

以前のガッタパーチャも除去して、キレイになっていますね!

次回、再度確認して問題なければ根管充填予定です。

3回目の根管治療です。

術前にあったsinus tract(膿の袋)も消失しているのが確認できます。

症状も落ち着いているそうです。

根管内を確認して問題なければ、根管充填処置を行います。

根管充填後です。

根尖部までしっかりと充填材が入っているのが確認できます。

次回は、ファイバーコアによる支台築造と

セラミッククラウンの被せ物の治療を行います。

もちろん、即日治療で一回で終了です!

今後は予後を定期的に経過観察していきます。

お疲れ様でした。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科