こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

51才 女性

左下5番

<主訴>

左下の歯に穴があいた。

歯に穴があいて、冷たいものがしみる。

噛むと痛みあり。

神経を残す治療が可能かどうかを診断してほしい。

セカンドオピニオン希望。

他県から来院。

他院では感染している神経を除去して

根管治療が必要と言われたとのこと。

<現病歴>

左下5番遠心部に神経近接している

むし歯あり

・歯髄の診査

冷水痛(++ 持続痛10秒)

温熱痛(+)、電気診(+)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(±)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Symptomatic irreversible pulpitis
(症候性不可逆性歯髄炎)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

診査・診断の結果より

自発痛もあり神経温存治療の適応外と診断しました。

神経温存治療の場合、

適応症の条件としては

・自覚症状のない場合

・根未完成歯

適応外は、

・自覚症症状がある場合

・神経が死んでいる場合

今回の症例は適応外に該当しました。

ごめんなさい、、、

患者様に説明して、根管治療の同意を得ましたので

治療を開始させていただきました。

<術前口腔内写真>

患歯は、銀歯の隣の左下5番になります。

この写真だけ見ると、むし歯はどこにあるのか

よく分かりませんね。

しかし、次のレントゲン写真を見ると

むし歯が一目瞭然です。

<術前レントゲン写真>

左下5番遠心部に神経に達する深いむし歯が確認できます。

むし歯を除去して根管治療を行いました。

ファイル試適です。

根の長さをレントゲン上で確認します。

<術後レントゲン写真>

根管充填後です。

治療回数は2回で終了しました。

痛みなどもなく、少ない回数で終わることができました。

次回は、セラミック治療を希望されましたので

即日治療を行い、終了となります。

左下5番、セラミッククラウンを装着しました。

今後は、3ヶ月後・6ヶ月後と経過観察を行う予定です。

お疲れ様でした。

 

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科