こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「むし歯が深いよ、、、やばいよー!やばいよーー!!

こんな感じでいきます笑笑

決してふざけてはいません!!

もちろん、真面目にいきますよー。

 

27才 女性

左下5番 むし歯

この患者様は最近、奥から2番目の

左下6番の抜髄治療を行い、

根管充填まで終了したところです。

むし歯がまだいくつかあるため

順番に治療を行う予定です。

<術前レントゲン写真>

今回、着手するのは奥から3番目の

左下5番のむし歯治療になります。

少ししみるそうです。

神経に近接していますが、

この距離感から想像して

第一選択は神経温存でいきます。

但し、患者様にはむし歯を除去する過程で

露髄(神経の入り口に到達してしまうこと)した場合は

神経治療を行う可能性を十分に説明してから

治療を開始しました。

「先生を信じてます。お任せします!」

大変ありがたい、歯医者冥利に尽きるお言葉を

頂戴しました。

頑張るぞー!!

<術前口腔内写真>

奥から3番目の左下5番、むし歯で欠けていますね。

最後方の左下7番にもむし歯が見えます。

こちらも今後治療予定です。

それでは、左下5番のむし歯治療を開始します。

むし歯を染め出す液でむし歯の取り残しがないかを確認しました。

緑色で染まっている部分は、まだむし歯が残っているところです。

可及的にむし歯を除去していきます。

むし歯の除去が終わりました。

出血なし!露髄なし!!

オッケーです。

神経、セーフ♪( ´▽`)

レジンを充填して深いところを埋めて補強しました。

コンタクト部分は痛みなどの症状を後日確認して

問題なければ詰め物を作製する段階でコンタクトを回復します。

そのため、隙間が空いてますが問題ありません。

<術後レントゲン写真>

レントゲンにて術後の確認を行います。

神経にやっぱり近いですねー。

充填は過不足なくできてますね。

良かったです。

First phase、第一段階は終了です。

これからが本当の勝負です。

1〜2週間程度、経過観察して

症状がないかを確認します。

問題なければ、この患者様は

セラミックの詰め物の治療を行う予定です。

もし、痛みなどの症状が確認された場合、

または詰め物をした後しばらくしてから

症状が出る場合もありますから、

その場合は神経治療に移行します。

 

今後の経過は、

後日また報告させていただきますね。

お楽しみに!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科