こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

感染根管における治療症例Part(3)です。

 

23才 女性

左上6番 感染根管治療

<主訴>

他院で根管治療中

痛みがとれないため

当院を受診されました。

遠方からの患者様です。

電車を乗り継いで来てくれます。

1時間ぐらいかかるそうです。

大変ですよね。

ありがとうございます。

私も電車通勤、1時間ぐらいかかります。

私は電車の時間は割と好きです。

自分の自由時間なので、もっぱら

この時間を使ってブログ書く時間に

あててます笑笑

<現病歴>

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

sinus tract(-)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

前医で1根管、口蓋根管のみ根管充填されてます。

残りの根管が痛みの原因なのかな、、、

いや、待てよ。

口蓋根管の根尖部ガッタパーチャポイントがオーバーしてないか?

オーバー部分は痛みの症状の直接の原因でなければ

経過観察します。

ともかく、まず自分にできることを最大限に力を尽くしてみよう!

そんなことをふとレントゲン見て思いました。

<術前口腔内写真>

2箇所ぐらい気になるところがありますね、、、

仮封(仮のフタ)を外すと、

青色矢印部分のMB根(近心頬側根)から出血のようなものが見えます。

黄色矢印部分のP根(口蓋根)には食片のようなものが入り込んでいます。

細菌感染の温床になってますね、、、

初診時はできるところまで根管治療を行いました。

治療後のレントゲン写真です。

次回以降の治療でもう少し細かいところまで

進めていきます。

2回目の根管治療です。

症状も少し落ち着いている様子でした。

MB根、DB根とも穿通しました。

穿通とは、根の先まで治療器具が

到達していることになります。

DB根は曲がっているせいか、詰まりがきつく

拡大するのが大変でした、、、

3回目の根管治療です。

症状の確認をしたところ、痛みもないということでした。

根管の清掃・消毒も終わりましたので、

根管充填を行いました。

2ヶ所の赤線部分が残っていた根管になります。

無事、根管充填材がしっかりと入りました。

この患者様は次回、ファイバーコアで支台築造を行い

銀歯の被せ物の型どり予定です。

お疲れさまでした。

痛みもなくなって良かったー(*^-^*)

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科