こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「長期間むし歯を放置してしまったら、、」

そんなお話です。

患者様も学生さんであったり、

遅くまでお仕事されている方、

子どものことやお家のことをされている主婦の方も

皆さん、日々の生活もありますし忙しいですよね。

歯科医院に行く時間をつくるのはなかなか難しいわけです。

それに歯の治療は何回もかかります、、、

これからお話する患者様は

1年前にむし歯治療で通院されていました。

しかし、治療途中で通院が途絶えてしまいました。

そして、最近再び来院されました。

「なんで来なくなったのですかー?」と

私は怒ったりしませんよ笑笑

私があまり好ましく思わないのは、

何度お約束しても時間を守らない方です。

それ以外でムッとすることはありません笑笑

私自身、結構せっかちなので

時間をものすごく気にしています。

私事で、ごめんなさい。

話を戻しますが、患者様に今までのお話を聞けば、

やっぱりお仕事が忙しかったみたいです。

でも、歯の治療を再開するために

再来院してくれたのです。

患者様から「治すぞ!」というやる気に

満ち溢れていました。

良かったです( ^ω^ )

 

症例です。

27才 女性

左下6番

<主訴>

左下奥歯に穴があいた。

むし歯の治療途中であったが、

約1年間来院なし。

奥歯に穴があいて、冷たいものがしみる。

噛むと痛みあり。

治療再開のため、当院を再受診。

<現病歴>

左下6番遠心部に神経近接している

むし歯あり

・歯髄の診査

冷水痛(++ 持続痛10秒)

温熱痛(+)、電気診(+)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(±)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Symptomatic irreversible pulpitis
(症候性不可逆性歯髄炎)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前口腔内写真>

左下6番(奥から2番目)において、

レジン(白いプラスチック)がむし歯によって

欠けていますね。

手前(左下5番)と一つ奥の歯(左下6番)も

むし歯になっているのが確認できます。

<術前レントゲン写真>

左下6番遠心部に神経近接しているむし歯が確認できます。

手前の左下5番もむし歯が大きそうですね。

<ファイル試適>

レントゲン写真の角度が斜めですが、ご容赦下さい。

これ、実は撮影するのが患者様含めて大変なのです、、、

4根管ありますね。

頑張るぞー!笑笑

機械的拡大→根管洗浄がしっかり効いてますねー。

イスムスまでキレイになっているのが分かります。

よし!!

根管充填の準備もできました。

<根管充填後>

4根管しっかりと根の先まで充填されましたね。

レントゲン上、一部重なって写っているため

3根管に見えますが、問題ありません。

根管充填まで治療回数は4回でした。

 

無事終わって良かったです。

まだまだ、道のりは長いですが、

今度、被せ物の治療を行う予定です。

今度はむし歯にならないようにと

セラミック治療を選択してくれました。

むし歯治療と並行して

衛生士さんと歯のクリーニングも

行ってくれています。

頑張っている人は応援したくなりますよね。

他のむし歯も頑張って治しましょうね!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科