歯牙移植

歯牙移植とは?

たまたま、CT上で歯の大きさを測り、受け入れ先の骨の幅を計測したところ、ピッタリだった為に、移植を計画しました。
CT上で、本物根っこの代わりに、同サイズのインプラントでシュミレーションを行い。ピッタリサイズにドリリングを行いました。
従来、歯科医師の感覚で立体的に骨に穴を掘り、歯牙移植は、行われていました。実際は、親知らずの歯根膜があるので、ガバガバでも良いと教科書に書かれています。
しかし、ハートフル歯科では、インプラント手術のハイテクノロジーを利用してオペは、行われます。CTで確認された歯牙のサイズに合わせて骨への穴が開けられていきます。
最後に親知らず抜歯を行い、瞬時に移動するのです。 従来の移植と異なり、移植時の元親知らずは、しっかりと穴に収まりました。 サイズの合う移植は、感染のリスクも低く、新生骨の量も少なく済みます。その分、定着も早く、よくなるでしょう。
全ては、インプラント手術用の最新技術を使い行われる賜物です。
あとは、3ヶ月待てば噛めるようになります。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop