痛みが再発した

痛みが再発した

痛みが再発した

「一度むし歯を治療したのに、同じところがまた痛み始めた」と来院される患者様が多くいらっしゃいます。

  • ある日突然歯が痛くなった
  • 常に歯が痛い
  • ズキズキする
  • 噛むと痛い
  • 歯の奥が痛い
  • 歯がしみて痛い
  • 歯茎が腫れて痛い

これは、むし歯の原因となる菌が治療した歯の奥に入り込み、神経部分を侵食している可能性が考えられます。

「むし歯を治療したのに、なぜかまた痛くなった」という患者様に聞いてみると「治療後長い間検診に行っていない」「仕事が忙しく、治療が中断している」という方が多いです。

また、そのような患者様の歯を診査すると、歯髄炎や歯周炎、詰め物の内部がむし歯になっていることが多くあります。これは、根管が細菌に侵されている場合や、柔らかいエナメル質の部分が菌に侵されることによって起こる症状です。

ではなぜそのような状態になってしまうのでしょうか?

こんな原因が考えられます

むし歯の除去が完全でないまま、患部に被せ物がされていた

明らかに治療の失敗です。密閉された状態でこのまま放っておくと、むし歯が進行し、根にまで細菌が侵食します。

最初の治療が完璧でなく、詰め物と歯の間に隙間ができた

隙間に歯垢(プラーク)がたまり、歯垢内の菌が繁殖することでむし歯が再発します。
また、銀歯の接着に使用したセメントが溶けて、隙間ができる場合も考えられます。

被せ物(銀歯)の経年劣化

被せ物(銀歯)は、熱いものや冷たいものなどの温度変化により、時間が経つと形状が少しずつ変化します。その被せ物と歯の間に隙間ができ、菌が入り込んでむし歯が再発する場合があります。
むし歯が再発すると、歯を再び削らなければなりません。削ることで神経に感染が起こりやすくなり、最悪の場合、抜歯をしなければならなくなります。

痛みの再発を防ぐためには、痛みの原因を早急に特定し、治療を行うことが大切になります。

歯の痛みが再発した場合の治療とは

歯の痛みが再発した場合の治療とは

治療した歯が痛む場合は、根管治療(根の治療)が必要です。

根管治療は、歯の土台を立て直すための治療です。どんなに、よい被せ物にしても、歯を支える基礎の根管部分(根)がしっかりしていないと、残っている天然歯に影響を与えてしまいます。
根管治療で根管内の消毒を完璧に行い、無菌状態にするには、それなりの時間を要します。また、根の奥の見えない部分の治療となるため、高度な技術が必要となります。

特に、むし歯の痛みが再発(二次カリエス)した場合は、かなり奥まで菌が侵入しています。時間はかかりますが、最後まで丁寧に根管治療を行うことで、天然歯の温存ができます。

実は、インプラントや入れ歯になった方は最後まで根管治療を行っていないことが多く、根管が弱り治療ができなくなったために抜歯になった方も少なくありません。
だからこそ、最後まで根気よく根管治療を行い、歯を残せる可能性を高くすることに繋げます。
治療を中断している方は、今からでも遅くありませんので、自分の歯の温存のために根管治療の再開を検討してみませんか。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop