歯が割れた

歯が割れた

「歯をぶつけて歯が割れた」

こんなトラブルはありませんか?

歯の表面が割れるのは、転んだりぶつけたりなど、転倒や外傷が原因となることがほとんどです。

どんなに硬い歯でも、一点に大きな力がかかると簡単に割れてしまうことがあります。

歯の見える部分が割れるケース

歯が弱っている

  • むし歯で歯自体が弱くなっている
  • 歯の治療で歯質自体が少なくなっている
  • 歯の神経を抜いたために弱くなっている

ため、ぶつけた衝撃で簡単に歯や歯根が割れてしまいます。

被せ物の土台が金属

金属の土台で歯に被せ物を行ったとき、周りの組織が薄いなど、患部の条件が悪い状態で治療を行った場合は、歯や歯根が割れやすくなります。

歯に強い圧力が持続的にかかる

スポーツ中や就寝時の歯ぎしり・食いしばりなどは、特に歯に強い圧力がかかるため、ときに歯が割れることがあります。

見えない部分の歯が割れているときの症状

歯の見えている部分が割れている場合は、見た目でわかります。しかし口腔内にこんな違和感や症状があれば歯根破折(根っこ部分の歯の割れ)の可能性があるため、すぐに治療を開始する必要があります。

歯に違和感がある

歯根が破折していると、固定されている差し歯などにゆるみが出てきます。

歯がぐらつく

歯根が開くため、歯が固定されずグラグラします。

歯茎が腫れる

歯周病ではないのに歯茎が腫れたときは、歯根部分が割れて膿がたまっているサインです。

歯茎にニキビのようなできものができる

歯の根の先に膿があるときにでる症状です。

抜歯の要因にも?

むし歯や歯周病が抜歯の原因としてよく挙げられますが、歯の割れや根管破折を併発していることが要因となり、抜歯せざるを得なかったケースも少なくはありません。

歯の割れを放置すると、割れた面から歯茎の奥に細菌が入り炎症を起こすため、歯周病のように歯を支える骨がもろくなり、抜歯になるリスクが高まります。
そのため、破折した場合には早期に治療を行う必要があります。

歯が割れた場合の治療はできるの?

歯が割れた場合の治療はできるの?

「歯が割れると治療することができないため、抜歯しか方法がありません」
といわれた患者様も多くいらっしゃると思います。

「本当に抜歯しか選択肢がないのだろうか」
「一本の大切な歯をなんとか救う方法はないのでしょうか」
これまでは、歯根破折を起こしている歯は、抜歯が常識でした。
歯の割れは、注意していても突然起こることが多くあり、防ぐための治療法もなく、とても厄介です。
特に神経がない歯が割れると、破折部から細菌が入り込み、歯茎の腫れや膿が出たりしますが、痛みを感じないため、気がついたときには抜歯しか手段がないほど手遅れになることがあります。

当院では割れた歯を助ける治療(破折治療)を第一優先とし、抜歯ではなく歯をできる限り残すスタンスで早急に治療をすることにこだわっています。
歯の割れ・歯の痛み・歯茎が腫れている場合など、口腔内の状態や歯に違和感があるときはすぐにご相談ください。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop