歯が欠けた

歯が欠けるさまざまなケース

歯が欠ける原因は、下記のようにさまざまなものがあります。

  • 急に歯の表面に引っかかりを感じる
  • 詰め物が取れてしまったあと、歯が欠けてしまった
  • 詰め物をしている歯の一部が欠けた
  • スポーツ時のアクシデントで歯が欠けた
  • 朝起きたら歯が欠けていた

歯が欠ける原因

歯が欠ける原因には、「歯の健康が失われ、歯そのものが弱くなっている場合」と「外的に強い衝撃を受けたことで欠ける場合」があります。

歯自体はとても丈夫ですが、一方で強い衝撃や習慣によってダメージを受けやすいデリケートな組織でもあります。

歯の健康が失われている場合

むし歯菌は、食事で口腔内に残ったカスを餌として酸を作りだします。酸が歯に付着するとエナメル質が侵食され歯がもろくなります。

果物・お酢・炭酸飲料などの酸により歯が黄ばみもろくなる酸蝕歯も、歯の健康を失う原因となります。

外的に強い衝撃を受けた場合

突発的な事故によって、歯が欠けることもあります。

特に、ボールを打ったり蹴ったりするような、歯を食いしばって一点にパワーを集中するスポーツや、相手と激しくぶつかり合いをするスポーツは、注意が必要です。

歯ぎしりや歯を噛みしめることで、より歯が欠け、損傷することもあります。

寝ている間の長時間の歯ぎしりは、無意識行動のため、かなり強い力がかかっているといわれます。知らないうちに歯が欠けている人は、歯ぎしりや噛みしめを疑ったほうがよいでしょう。

歯が欠けたときの処置

歯が欠けたときの処置

歯が欠けた場合には、まず、どんな状態になっているのか、歯医者さんで早急に確認する必要があります。
小さな亀裂や欠け、欠けたことで詰め物が取れた、また、欠けた部分の痛みが長時間続く場合などは、歯だけでなく根の部分が割れる歯根破損の可能性も考えられます。
当院では、まず歯の状態を正確に判断したのちに治療を開始しますが、できるだけ削らず、大きく欠けている場合でも歯を抜かずに治療することを最優先に治療を行っています。
歯の先が少し欠けた、大きく歯が欠けた、歯茎に近い部分まで大きく欠けたなど、欠けた状態に合わせて破折治療を行うことができます。
特に、歯の欠けを放置している方は、早めに相談して治療を開始しましょう。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop