歯が折れた

歯が折れた

歯が折れる場合は、ぶつけたり転倒したりと歯に強い衝撃がかかる事故などの外傷がほとんどです。一点に強い衝撃がかかると歯が折れるだけでなく、周辺の組織もダメージを受けてしまい、

  • 歯がぐらぐらする
  • ぶつけたあとに歯がしみる

などの症状が起きます。

欠けなどの歯自体の損傷は、自然治癒せず、元に戻らないので、接着治療もしくは修復が必要となります。

大切なこと

すぐに折れた歯の破折片を見つけてください。

その破折片を接着して戻す治療ができます。破折片がきちんと残っていれば、簡単な処置で見た目や機能的回復が期待できます。

治療方法

歯の一部が折れた(半分以下)

むし歯と同じ治療方法、もしくは折れた部分を修復する破折治療を行います。

歯の半分以上が折れた

歯の神経まで影響を受けている場合が多いので、根管治療(根)の治療と折れた部分を修復する破折治療を行います。

根だけ残った

根だけ残った

根の状態がよければ、神経を保存して、折れた部分を修復するVPT(予防的歯内療法)で対応します。
歯をぶつけた直後は症状がひどいため、歯科医師によっては、すぐに神経を抜く、もしくは、歯を抜く選択をする傾向が強くなります。しかし、当院では、神経や歯を抜くなどの処置は最終手段と考え、まずは冷静に状態を診断し、的確な治療方法を決定しています。
折れた歯に有効な破折治療による接着処置はとてもデリケートな治療のため、最初の判断と処置がとても重要となります。
当院では、歯を残すこと、歯の神経を温存することを一番に考えながら、最善を尽くす治療を心掛けています。
前歯が大きく折れた、差し歯が歯根ごと折れてしまったときなどはすぐにご相談ください。

三鷹ハートフル歯科総合グループまで
ご相談ください

南口院・北口院、
通いやすい医院をご利用ください。

pagetop