こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「銀歯がとれてしまった、、、そんな時は」

セラミックの治療症例になります。

File number(9)です。

今日はこのような患者さんでした。

50才 男性

右下5番 銀歯の詰め物脱離

この患者様は右下5番の銀歯がとれてしまった

ということで来院されました。

普段から通院されている患者様で

電話で予約をとられる際にセラミック治療の

希望をされましたので、予約当日セラミック治療を

行いました。

ここで一つ注意事項があります。

セラミック治療は予約を入れていただければ

即日で行うことができますが、内容によっては

ドクターの判断により当日難しいこともあります。

それは、例えばセラミックの材質のグレードアップのため

e-maxセラミックのような作製時間が通常よりもかかる場合や

前歯も同様です。

これだけ頭の中に入れておいていただき、

理解していただければ担当ドクターが適切な対応を

行ってくれると思います。

<術前口腔内写真>

銀歯がとれた中が真っ黒ですね。

むし歯になってしまい、接着がゆるくなり

外れてしまったというわけです。

今回の銀歯ではなくセラミックに変えるという

選択はとてもいいことであると思います。

それでは、むし歯を除去していきます。

むし歯を除去していきましたが、深いですね。

右下5番は小臼歯と呼ばれ、歯の形が小さく

むし歯が進行した時に神経に到達する可能性の高い

歯であるため注意が必要であると、

いつも患者様にお伝えしています。

神経を保護するためにレジンで補強します。

そして、セラミックの最終形成を行います。

右下5番セラミック形成の撮影画像です。

対合歯です。

上下の噛み合わせを確認していきます。

セラミックインレーのデザイン後です。

ミリング(セラミックの削り出し)を行います。

ピッタリでいい感じにセットできましたね。

歯とセラミックの境界部も移行的で段差もなく

フィットしています♪( ´▽`)

これぐらいの1本程度のインレータイプならば

すぐ終わりますよ!

今後も継続してメインテナンスを行うことで

歯の長期保存にもつながりますから、

もしお悩みの患者様は一度当院まで

ご相談下さい。

よろしくお願い致します。

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科