こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回のテーマは、、、

「歯肉弁根尖側移動術」です。

 

歯肉縁下までむし歯や破折が及ぶと、生物学的幅径(Biologic Width)が侵襲される恐れがあります。

生物学的幅径とは歯根周囲の歯肉溝、上皮性付着部、結合組織性付着部の垂直的な幅径のことを言います。

それぞれ約1mmずつ、計3mm程度でありこの幅が恒常性を有するとされています。

「生物学的幅径」の画像検索結果

 

生物学的幅径を確保するため、

健全歯質(クラウンマージン)から歯槽骨頂まで、最低2mm以上距離をあける必要があります。

そして、補綴する際にかぶせ物の脱離や土台の破損を

引き起こさせないために重要な最低1mm~1.5mmのフェルールの確保が必要になります。

そのようなケースで頻繁に行うのが、

クラウンレングスニングです。

※クラウンレングスニング(歯冠長延長術)

→むし歯や歯が割れている部分を歯肉の上に出す治療法

 

フェルール??

フェルールについて説明しますね(*´σー`)エヘヘ

かぶせ物が歯根の土台部分にのみくっついていると、

咬合力がダイレクトに土台のみに伝わり、

土台破損やかぶせ物脱離の原因になります。

予知性の高いかぶせ物を作るためには、歯牙の全周が歯肉より上に最低1mm以上出ていることが

重要です。この1mmの部分に被せ物がくっついてると、根と土台それぞれに咬合力が分散され、破損や脱離が起きにくくなります。

この力分散をフェルール効果と呼びます。

フェルール効果は力分散だけでなく、かぶせ物の脱離と

細菌の侵入による感染を防ぐために非常に重要な条件

ともなります。

エクストルージョンにより歯を挺出させた後、歯周靭帯に引っ張られてきた歯肉および歯槽骨を、外科的に根尖側に移動します。

これを「歯肉弁根尖側移動術」と言います。

 

クラウンレングスニングと歯肉弁根尖側移動術は

同義と解釈していただいて構わないと思います。

 

それでは、実際の症例を見てみましょう!

右上3番です。

かぶせ物が土台ごと脱離しました。

r

術前です。

むし歯が見られます。

通常ならば、抜歯適応になります…

い

エクストルージョン後です。

歯肉縁上まで歯根の挺出が行われました。

q

歯肉弁根尖側移動術後です。

これから、最終的なかぶせ物の治療に入ります。

銀歯がむし歯になって「歯を残せない」と言われた時に

有効な治療法と言えるのではないでしょうか…

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科