こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

前回からの治療の続きです。前回はこちら。

歯を救うために(78-①)右上6番感染根管治療PART6-他院(矯正医院)からの紹介①-

sinus tractもなくなり、

根管内の機械的拡大、清掃・消毒も終わり

いよいよ根管充填の準備ができました。

根管充填後です。

3根管に最終的なお薬、根管充填材が

しっかりと入りました。

近心頬側根管(MB)、遠心頬側根管(DB)は

根尖が閉鎖している閉鎖根管でした。

そのため、根管があいているところまで

根管充填材を入れました。

ファイバーコアにて支台築造しました。

歯肉が赤みがかっているところは

一部歯肉炎を起こしていますね、、、

この患者様は口腔内における清掃環境が

あまり良くないため、

全体的に歯肉炎を起こしている状態でした。

そのため、治療と並行してお口の中の

クリーニングも行いました。

右上6番セラミッククラウン形成後の

撮影画面です。

対合歯です。

下顎は他院にて矯正装置がついている状態です。

お口の中の清掃状態を保っていく必要があることを

衛生士さんから伝えてもらいました。

セラミッククラウンのデザイン後です。

ミリング(セラミックの削り出し)を開始します!

セラミッククラウンを装着しました。

キレイに入りましたね!

良かったです♪( ´▽`)

 

矯正院などの他院からの根管治療の紹介も

行っていますので、何かあればご相談下さい!

今回の患者様は上顎部分の治療を終えてから

矯正装置をつける予定でしたので、

比較的治療しやすかったと思います。

ワイヤー矯正が既に始まっている場合は

矯正院の先生に連絡して治療中は

矯正装置を外してもらうように依頼してから

処置を行います。

そのため、少々ステップを踏まなければ

いけません(-_-)

当院の場合はインビザラインと呼ばれる

マウスピース矯正を行っています。

むし歯などの治療やお口の中の清掃も

行いやすいため、むし歯や歯周病などの

リスクは少ないと言えます。

被せ物などの治療もCAD/CAMによる

相関法で複雑化することなく、

シンプルに治療できるのも魅力です!

 

最後に根管治療とセラミック治療まで合わせて

4回の治療で終わることができました。

今後は根管治療を行った歯の経過観察を

行っていきます。

永く歯が保たれることを願って、、、

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科