こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

感染根管における治療症例Part(6)です。

 

29才 女性

右上6番 感染根管治療

<主訴>

他院にて矯正治療中。

下顎にはワイヤーによる矯正装置が

入っています。

上顎はこれから始まるとのことで

矯正医院にて根尖に病変があるので

一般歯科で根管治療を行うように

言われたそうです。

痛みはそれほどないが違和感をたまに

感じるとのこと。

腫れているところが大きくなったり、

小さくなったりするそうです。

家の近くの一般歯科を受診したところ

抜歯しかないと言われたそうです。

不安になり、インターネットで調べて

当院を受診。

この患者様も少し遠方の方で

電車を乗り継いで来院してくれました。

ご指名もいただき、ありがとうございます。

それでは早速診ていきましょう!

<現病歴>

左下6番根尖部不透過像(病変)あり

sinus tract(+)

・歯髄の診査

冷水痛(-)、温熱痛(-)、電気診(-)

・根尖部歯周組織の診査

打診(+)、根尖部圧痛(+)

プロービングdepth(2mm)

<診断名>
・歯髄の状態(Pulpal):
Previously treated
(既根管治療歯)
・根尖歯周組織の状態(Apical):
Symptomatic apical periodontitis
(症候性根尖性歯周炎)

<治療方針>
根管治療

<術前レントゲン写真>

パッと見て過去に根管治療がされている

既根管治療歯であることは分かりますが、、、

特に目立った感じは見受けられませんが、

角度を変えてもう一枚レントゲン写真を撮影してみました。

少し角度を変えてレントゲン撮影を行いました。

あんまり角度変わっていないかも、、、笑笑

それでも黄色丸部分に根尖部不透過象(根尖病変)が

確認できます。

<術前口腔内写真>

右上奥から2番目、右上6番において

銀歯の被せ物が装着されています。

根尖部付近の歯肉にはプクッとしたおできのような

sinus tractが確認できます。

銀歯と金属の土台を除去して隔壁まで作製しました。

ラバーダム防湿を行い、根管治療を開始します。

中を見ると3根管確認できます。

ガッタパーチャとその周りがだいぶ汚れていますね。

これも除去していきます。

除去していくと細菌感染特有の臭いにおいがしてきます。

古いため、かたくてボソボソしています。

マイクロスコープをある程度の時間覗きながらになりますから、

結構大変で地味な作業になります。

集中力を使いますので、しんどい時もあります笑笑

時間内いっぱい使って、できる限りガッタパーチャを除去しました。

まだ、完全にはとりきれていない状態です。

細かいところが残っていますね。

徹底的にやりますよ!

ガッタパーチャ除去後のレントゲン写真です。

レントゲン上はほとんどなくなりましたね。

sinus tractからガッタパーチャを挿入して

原因根の特定確認を行いました。

DB(遠心頬側根)に向いてますね。

2回目の根管治療。

歯肉にプクっとしたおできがなくなっている、、、sinus tract消失しましたー( ´∀`)

引き続き根管の機械的拡大・清掃、消毒を

行いました。

MB根(近心頬側根)の拡大画像

MB2がありそうな感じがしますが、

見つかりませんでした。

DB根(遠心頬側根)の拡大画像

この根管は小さなファイルが折れてました。

除去しておきました!

P根(口蓋根)の拡大画像

この太い根管が一番根管壁に汚れが

こびりついていました。

可及的に根管壁の汚れを除去しました。

 

内容的にだいぶ長くなりそうなので

次回以降の治療の続きは

次のブログに書かせていただきます。

お楽しみに♪( ´▽`)

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科