こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「コロナルリーケージ」

なかなか聞き慣れない言葉であると

思います。

コロナルリーケージとは、

良好に根管充填まで終了したとします。

しかし、根管充填が良好であったとしても

歯冠側から根管内に漏洩が生じると、

修復前には認めなかった根尖性歯周炎が

発症することがあります。

これらのことをコロナルリーケージと

言います。

再治療の原因の一つです。

最終的な被せ物までの仮封の期間や

支台築造(土台をつくること)までの

根管内の汚染や修復後の二次的なむし歯が

コロナルリーケージに影響を及ぼすと

言われております。

根管充填がしっかり行われていれば、

根尖へ感染が波及しないわけではなく、

修復後にも根尖に感染が生じる

可能性があります。

歯内療法においては当然のことであるが、

修復処置においても根管の感染を意識した

処置が必須となります。

ちょ、ちょっと待ってー!!

「根管に緊密に充填しているはずなのに、

なぜ細菌が侵入してしまうのですか?」

そのような疑問が生じますよね、、、

それは、象牙質に関係しています。

根管壁の象牙質は平滑ではなく,

かつ材質的に軟らかいと言われています。

ガッタパーチャとシーラーを用いて根管 充填を行ったとしても、

その界面は密着しているレベルで封 鎖性における信頼性には

まだまだ足りないわけです。

また,根管系にはイスムスやフィン、側枝など

清掃が困難で,根 管充填材も入っていきにくい

部位が存在します。

そのため、歯冠側に細菌などの感染源や

唾液などが侵入すると、

根管充填を行っても根管を通じて

根尖部から周囲組織に感染物質の漏洩が生じます。

これ が歯冠側からの漏洩、

コロナルリーケージ(coronal leakage)なのです。

 

そこで、

コロナルリーケージが生じる機会を、

時期により分類してみましょう。

修復前と修復処置後の2つに分けて

考えていきます。

中間の土台を作る、

支台築造と呼ばれる処置においても

コロナルリーケージが生じる可能性がありますが、

今回は大事な修復前と修復後で

考えていきたいと思います。

修復前

最終修復前の暫間修復の状態は、

漏洩が生じやすいです。

なぜならば、暫間的ですから、、、

一時的なものなので

しっかり接着しているわけではなく

仮着状態であるということは

ご理解いただけるかと思います。

根管充填後に速やかに修復が行われた場合と

暫間修復のままの場合では後者の方が感染のリスクが高まります。

根尖部の病変の変化などの経過を観察する

必要 があるケースもありますが、

仮封の漏洩などによる根管 の感染を考慮すれば、

なるべく早期に最終修復を施すことが望ましいと

言えます。

私は最終的な被せ物まで装着して

経過観察しています。

修復後

修復処置後の漏洩においては、

二次的なむし歯による感染 が考えられます。

修復歯の歯冠部あるいは歯頚部に

むし歯が生じると、象牙細管を通じて

歯髄腔に感染が到達します。

また、ポスト(土台の足部分)周囲の

セメントに不足や崩壊がある場合や

ポストの先端とガッタパーチャの間に

空洞がある場合は、感染源が貯留する

空間になります。

やがて根管充填部を通じた漏洩が生じます。

従って、根管充填時に根尖付近に

死腔を作 ることは当然避けなければなりません。

同様に、ポストの合着においても

根管内にセメントが行き渡らない空洞を

作ることは避けなければならないと言えます。

 

皆様、細菌のサイズを知っていますか?

少しでも隙間があれば細菌は侵入します。

細菌はミクロサイズですから、、、

細菌の大きさは1 μm前後です。

μmは1mmの千分の1の大きさです。

この細菌という目に見えない敵との戦いにおいて

少しでもスキのない状態をつくり

感染のリスクを減らす努力をコツコツと

続けていくのみです。

私の大好きな漫画、「キングダム」に登場する

秦の始皇帝が築いた万里の長城のように、、、

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科