こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「根管充填用シーラー」です。

 

まず初めに、シーラーについてお話していきます。

シーラーとは、

根管治療(根管の清掃・消毒)が終了すると、

根管内を密閉するために

根管充填と呼ばれる処置を行います。

その際にガッタパーチャと呼ばれる

樹脂の充填材を使用します。

ガッタパーチャと根管との密着性を

補助するためののようなものを言います。

つまり、ガッタパーチャポイントによる

根管充填を行う際に、

根管壁とガッタパーチャポイントとの

空隙を塞ぐことで、

補助的に封鎖性を向上させるための

根管用セメントです。

また、側枝などのコア材が入り込めない

隙間を埋めるという働きもあります。

根管充填は、

ガッタパーチャ+シーラーの

組み合わせになります。

ガッタパーチャが主役でメインのコアに

なるものと考えれば、

シーラーは脇役でサブの役割となります。

根管充填材は、ゴムの一種で根管において

長い間安定する性質をもつ「ガッタパーチャ」と、

糊の役目をする「シーラー」の2種類で成り立っているわけです。

ハートフル歯科では、

酸化亜鉛ユージノールシーラーというものを

使用しています。

根管治療の専門医が第一選択として

使用しているシーラーです。

今は多種多様なシーラーがありますから

先生の好みもあるかと思いますが、

私はそのように教わりました。

酸化亜鉛ユージノールシーラーには、

長い成功の歴史と抗菌作用があります。

成分とか細かいことを説明していきますと

専門用語がたくさん飛び出して長くなりますので、

この辺で止めておきますね笑笑

 

根管充填する前に、、、

汚れがこびりついた部分を

ファイルという治療器具を

用いて削り取ります。

これを、「機械的拡大」と言います。

細菌によって汚染された根管壁の部分を取り除き、

根管充填材をしっかり入れるための器づくりです。

不完全な根管充填の場合、

根管壁とガッタパーチャの間に隙間ができていることになります。

緊密でないために隙間の部分が湿ってしまい、再度化膿する細菌の温床を

つくってしまうことになります。

そのために緊密な充填が必要になります。

シーラー は糊としての大事な仕事をしてくれるわけです。

歯髄(神経)が入っていた空間、根管という部屋を

緊密に充填することで、細菌が繁殖する空間をなくします。

つまり、細菌を埋没します!

根管治療のゴールである根管充填において、

充填が緊密でなければ隙間の部分が血液や組織液で湿って、

再度化膿して痛みが出ることが多くなりますとお伝えしました。

しっかりと緊密に充填することが大切です。

そのためにシーラーというものが必要になります。

あまりスポットの当たらない話ですが、

先人の考案した素晴らしいものは

時代が変わっても不変ですよね。

 

最後に、、、

実はシーラー自体は

根管治療の成功率を

劇的に押し上げるものではありません。

どういうことー??

まあまあ、落ち着いて聞いて下さいね笑笑

誤解がないようにお伝えしておきますが、

マテリアル(材料)は、

根管治療の一助でしかありません。

根管治療において大事なことは、

“コンセプト”です!

基本コンセプトが守られてなければ、

どんなに優れた材料や機器、器具を使用しても

意味のないものと言わざるを得ません・・・

ハートフル歯科は基本コンセプトを遵守するべく

日々一生懸命取り組んでいます。

患者様の歯、一歯一歯を守るために、、、

さぁ、今日も一日頑張りましょう!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科