こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

またまた、MTAについて書きたいと思います。

 

MTAセメント治療

 

MTAについては、

過去にいくつかブログに書いたと思いますが、(最近のブログ

改めてMTAの有用性にふれたいと思います。

なぜ、MTAについて書こうと思ったかと言いますと・・・

本日、VPT(Vital Pulp Therapy)と

パーフォレーションの症例が両方ありました。

両方ともMTAを使用します!

VPTは、神経を温存する治療法です。

パーフォレーションは、歯に穴があいている、

穿孔している状態を言います。

 

症例です。

あ

この患者様は、

銀歯が脱離して来院されました。

銀歯が脱離した歯の中には虫歯があります。

虫歯も深く、神経に近い状態です。

痛みなどはないとのことでした。

各診査を行い、VPTの適応と診断しました。

あ

神経の入り口です。

あ

MTAにて、部分的断髄したところを封鎖しました。

MTAは、VPTの中で断髄(神経を一部切断)する時に

使用します。

か

MTA充填後のレントゲン写真です。

この患者さんは、次回症状などの確認を行い、

問題なければセラミックの1Day Treatmentにより

修復処置がされる予定です。

あ

セラミックのかぶせ物を装着しました。

一番奥の歯です。

もうどの歯か分かりませんね・・・笑笑

 

 

そして、次はパーフォレーションの症例です。

か

かなり大きな穴があいています。

むし歯が深かったのか…

前医の先生は大変苦労されたかと

思います。

さて、うーん??

どうしようかと思いますが、、、

この大きな穴も止血がしっかりできれば、
MTAにて封鎖可能です。

か

か

RCF後です。

MTAは、本当に素晴らしい…o(^▽^)o

MTAは封鎖性という意味でも

根管治療の様々なケースに対応できます。

MTAなくして今の根管治療はないのでは、、、

そんな今日この頃です。

(根管治療でのMTA使用は保険適用外となります。)

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直

医療法人社団徹心会ハートフル歯科