こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

前回に引き続き「歯根破折」について

書きたいと思います。

 

前回の症例は被せ物を除去時に破折と診断できた

症例でした。

今回の症例は

マイクロスコープで確認しても

破折しているとすぐに診断できず、

CTにより破折の確認ができた症例です。

根管治療を行っていると、違和感などの症状や

フィステル(膿の袋)がなかなか消えず、

マイクロスコープで確認しても治癒に至らない、

原因の特定ができないことがあります。

そのような場合は、

CTによる3次元的な画像診断が有効的です。

 

症例です。

40代男性 右上1番

主訴は、

歯肉に膿の袋のようなものができている。

過去に根管治療がされている歯でした。

そして、フィステルが認められ、

歯の動揺がありました。

か

術中のレントゲン写真です。

フィステルがなかなか消えないため、

レントゲン写真を撮りました。

すると、

ガッタパーチャポイント(根のお薬)が残っており、

さらに、赤丸印部分において何か薬のようなものが

横に出ているのが確認できます。

そこで、歯根破折を疑いCT撮影を行いました。

か

か

CTの拡大画像です。

赤丸印をご覧下さい。破折線が認められます。

かなり大きな水平的な破折です。

この歯は根管治療では治癒は難しく、

保存不可能と診断しました。

このようにCTは原因の特定診断などに

有効に活用することができます。

CTが全てを解決してくれるわけではありませんが、

マイクロスコープも含めてどのように使用するのが

より効果的であるか考えながら診療を行うこと!

これが、とても大事であると思います。

・唾液の浸入を防止するラバーダム

・根の外形が分かる歯科用CT

・内面を見ることができるマイクロスコープ

これらを駆使して持てる力を総動員して

常に全力で診療に取り組む!

ハートフル歯科では、

「自分が受けたい医療」という考えが

根底にあるからこそ欧米の根管治療専門医レベルの

設備を整え、日々の診療を行っております。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科