こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「歯根破折」について書きたいと思います。

 

歯根破折とは、歯を支えている根の部分に
ひびが入り、割れてしまっている状態のことです。

このような場合、

破折部分から細菌感染が起き、炎症を起こします。

歯肉が腫れ膿の袋ができたり、

違和感やまた被せ物などがグラグラするなどの

症状が見られます。

歯が動揺しているのは破折しているため、

被せ物と歯根が接着できなくなっているためです。

しかし、破折は小さなひびから大きなものまであります。

レントゲンでもなかなか判別できないものが

多く見られます。

u

実際には、マイクロスコープで視認するしかありません。

下の写真は、

最近歯がグラグラするようになってきたということで

来院された患者さんの上顎前歯です。

金属製の土台にセラミックの被せ物が入っていました。

レントゲンでは、破折線が見られませんでした。

CTを撮っても、破折線は破折の方向によっては

写らないことが多いです。

つまり、事前に診断できないことが多いのです。

グラグラの原因を見つけるためには、

被せ物と土台を除去して目で見て確認して、

破折の位置、方向など診断するしかありません。

被せ物と土台を除去しました。

2

やはり、根が割れていました・・・

金属製の土台は、歯質に比較して

強度が強く弾性がないため、

応力が集中すると歯根破折を起こしやすい

と言われています。

ハートフル歯科では、金属製の土台ではなく

ファイバーコアを使用しています。

このような破折は残念ながら根管治療で

救うことができません…(泣)

破折位置が浅く、破折片が小さすぎて接着できないこと、

そして、引っ張り出す

(エクストルージョン=矯正的挺出法)には、

残る根っこが短くなりすぎるため

(歯根が噛む力に耐えられません)です。

歯を救うために(5-①)エクストルージョン    右上3番MTM

歯を救うために(5-②) エクストルージョンの流れ

歯を救うために(5-③)歯肉弁根尖側移動術  右上3番MTM

マイクロスコープの実際の破折画像と、

それを図解しながら現状を説明して保存できないことを

理解していただきました。

力及ばず申し訳ないと思っています、、、

こちらに破折歯を救える場合の記事があります。

口腔内接着法(直接法)の症例① 手術編

実際には、破折歯で治療できる場合とできない場合が

あることを御理解下さい。

抜歯を理解された方には、

希望があればインプラント担当の下田先生を

紹介します。

「次回までに、インプラントの小冊子を読んで下さい。

隣の歯に負担のないインプラントについて

少し知っていただければと思います。」

下田先生の予約を取っていただき、

インプラント相談をお願いしております。

ハートフル歯科では抜歯後のフォローも

できる設備とドクターの技術があります。

破折の診断ができるのは、

マイクロスコープによるところが大きいと言えます。

そして、歯を失ってしまった場合にも、

天然歯と同じように咬むことのできるインプラントが

あります。

ハートフル歯科では最先端のCTを導入しており、

インプラントから被せ物までをコンピューター上で

全てシュミレーションできます。

また、それによって安心・安全なガイドを使用した

手術も行うことができます。

http://www.e82.jp/implant/

根管治療で全てを救うことには限界があります。

しかし、ハートフル歯科ではそれを補って余りある

設備と技術があります。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科