こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「マイクロエキスカ」について

書きたいと思います。

マイクロエキスカ?

何ですか、それ??

ドラえもんまではいきませんが、、、

秘密道具の一つです笑笑

テレテレッテレー♪

↓これが、マイクロエキスカです!

主な目的は根管充填材(ガッタパーチャ)の除去です。

ブレードの角度は25°、45°、80°の3パターンあります。

上下、左右に4つの方向にブレードがあります。

ブレード幅は0.2mm、0.3mm、0.5mm

個人的には0.2mmが好きです。

幅が狭い方がより細かい作業ができます。

根尖付近は根管の幅が狭いため、

0.5mmの場合、引っかかってうまく作業できないのです。

なぜ、マイクロエキスカの話をするのかと言いますと

一言で言えば、非常に便利な器具だからです。

数年前より、根管治療を極めようと思い、

根管治療のコースに通い始めました。

岡口先生(虎ノ門開業)のコースを受講した時に

初めて教えていただいたものです。

用途としては、

根管の中をキレイにするための器具です。

マイクロスコープ用の小さなスプーンみたいなものです。

耳かきをイメージしていただけると、分かりやすいです。

岡口先生は、ほとんどこれを使用しており、

ガリガリというよりはソフトに使用するということでした。

当時の思い出としては、使用時に

マイクロスコープ下の場合、特に下顎の歯では

ミラー像が反転するため、慣れるまでにとても苦労した

思い出があります。

難しかったなぁ~笑笑

ここからが本題です。

下図の円グラフをご覧下さい!

円グラフより、

日本の根管治療においては、

そのほとんどが再根管治療(retreatment)と

言えるのではないでしょうか?

再根管治療とは、過去に根管治療が行われた歯に

炎症が起きてしまい、根管治療のやり直しを

行うことを言います。

根管治療の場合、

根管の機械的拡大・清掃・消毒を数回行い、

最終的には根管にガッタパーチャという

オレンジピンクみたいなゴムを充填し、

根管の封鎖を行っていきます。

しかし、根の病気になると

根管壁のその周りには汚れて感染しているガッタパーチャと

感染物質がびっしりついていたりします。

これらの感染物質もマイクロスコープを使用しないと

除去が困難となります。

その除去時にマイクロエキスカが活躍してくれます。

過去に充填されているガッタパーチャは

徹底的に除去するように努めております。

か

 

か

マイクロエキスカは、このような根管壁にこびりついている

場合に耳かきの要領でとても有効です。(この作業に時間がかかるんです。)

あ

 

か

マイクロスコープを使用することで、

肉眼では確認できない根管内部を鮮明に見ることができます。

さらにマイクロエキスカを用いて

精密な根管治療が実現することで、

抜歯を回避できる可能性が高くなると

言えるのではないでしょうか…

ハートフル歯科では、1本の歯を残すための

最大限の努力をさせていただいております!

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科