こんにちは。

ハートフル歯科のドクターM

本山です。

 

今回は、、、

「MTAをどのように使うか?」について

書きたいと思います。

 

再根管治療の場合、

根尖孔(根の先)が大きく開いているケースに

遭遇することがよくあります。

根管は機械的拡大、清掃、消毒まで終了後、

根管充填により根管を封鎖する必要があります。

根管充填の目的としては

以下の点が挙げられます。

(1)根尖孔や根管口からの再感染となりうる交通路の封鎖

・根尖孔からの組織液の侵入を防ぎ、

・根管口から口腔内由来の細菌が侵入するのを防ぎます。

(2)根管内の除去できなかった細菌や刺激物を埋葬する

・細菌を埋葬して不活性化させ、再増殖を防ぎます。

 

根尖孔(根の先)が大きく開いている場合は、

通常の根管充填材では根の先端より先に充填材が

出てしまい、そのことにより異物反応が起こることが

あります。

根尖孔(根の先)が大きく開いた場合のリペアとしては

MTAを使用します。

 

MTAの性質としては以下の特徴があります。

<利点>

親水性であるため湿潤下でも硬化します。

また生体親和性もよく、抗菌作用も持ちます。

さらに硬化時に僅かに膨張することと、

根管壁と接するMTA表面の境界にアパタイト結晶を

生成するため封鎖性にも優れます。

<欠点>

操作性が劣ります。

また一度硬化すると取り除くことは困難です。

根管充填材としては薬事未承認であるため、

保険外治療となります。

 

最近、来院された患者さんの症例になります。

右下7番の根管治療を他院で治療中

痛みはないが、根尖部の腫脹を繰り返しており

抜歯が必要と診断され、セカンドオピニオンで来院。

q

術前です。

歯肉が腫れている状態です。

w

術前のレントゲンです。

 

根管内をマイクロスコープで確認すると

根管内には以前の根管充填材が入っている状態でした。

しかし、根管内にはむし歯が多く残っており

このような環境下では

精密根管治療を行うことは困難であり

まず、むし歯の除去から始めました。

次に根管内を確認すると

根尖孔が大きく開いていました。

通常の根管充填材の対応は困難と診断し、

MTAを使用することにしました。

o

以前に充填されているガッタパーチャが見えます。

その上の部分にはむし歯が壁についていることが

分かります。

水色丸部分は擦るとポロポロ取れてくる場所があります。

そこはむし歯です。

しっかりと除去しないといけません。

t

根尖に出血が見られます。

根尖が大きく開いているのが分かります。

黄色丸部分は、開いた根の先です。
赤色丸部分は、出血です。

t

根管内を清掃、消毒後

根尖の出血もなくなっています。

治療が進むと、むし歯は除去されて
壁面は白くなり、そして炎症が治まり
出血は止まります。

MTA充填への準備が整いました。

o

MTA充填後です。

s

術後のレントゲンです。

この患者様は治療開始から

徐々に痛みも腫れも引いていきました。

治療回数は充填まで含めて4回でした。

今後は3ヶ月、6ヶ月で術後の経過を

確認していきます。

痛みや腫れの再発はないか、

またレントゲンで根尖の病変の程度など

お口の中のクリーニングを通して

メインテナンスを受けながら経過観察します。

根管充填を行う場合に

充填材が根尖部からオーバーせず

緊密に根管内に充填することができれば

予後の良い結果になりうると言われています。

今回のように根尖が大きく開いている

ケースの場合など的確な診断を行うことで

その症例に適した治療法を選択する事ことが

大切なことであると言えます。

 

“すべては患者様の笑顔のために”

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

本山 直樹

医療法人社団徹心会ハートフル歯科